フィリピンの中央銀行であるBangko Sentral Ping Pilipinas (BSP)は、市場参加者の強い関心の中で授与された28日間の手形入札で、Php1,000億円を維持しました」と、BSP副総裁のFrancisco Dakila Jrは述べています。 と言った

中央銀行の1ヶ月物BSP手形の応募額は1,000億Pの1.58倍となり、入札総額は1,582億Pとなった。

知事は声明で、28日物BSP法案の加重平均金利は、先週の1.8158%から低下し、1.8115%で安定していると述べた。 入札期間中、利回りはわずかに低下し、1.780~1.825%と依然として小幅にとどまった。

Dakila氏は、「オークションの結果は、通常の市場環境と金融システムの潤沢な流動性が維持される中で、BSP手形に対する市場参加者からの強い需要が継続していることを示しています」と付け加えた。

さらに、バンコセントラルの金融業務は、流動性の状況と将来の市場の動向に関する最新の評価に従ったものであり続けると述べた。

BSP証券は、金融政策の実施および流動性管理業務のために、金利回廊の枠組みの下で発行される金融商品である。

また、証券は、流動性の目的で取引することのできる政府発行の無リスク資産と並んで、金融システム内の無リスク資産のプールにも加わることになる。

BSP証券の定期的なオークションを通じて、このような証券の発行は、負債証券の価格発見の改善に寄与し、その過程における金融政策の伝達を支援することができる。

出典:
https://www.pna.gov.ph/articles/1145827
https://www.manilatimes.net/2021/07/04/business/sunday-business-it/bsp-nets-p100b-from-securities/1805646