メガワイド・コンストラクション(NYSE:MWC)は、今年12月までに200億ポンド規模の契約を獲得し、来年初めまでに1000億ポンド規模の受注を目指す。

「1パッケージは約200億ポンドになると見込んでいる。 我々は、最低2パッケージを想定する。 MegawideのEdgar B. Saavedra会長兼最高経営責任者(CEO)は水曜日のオンライン説明会で、最も良いシナリオは12月の2つだが、おそらく今年と来年の初めに1つ(パッケージ)、1月か2月のように1つ(パッケー

2件目の契約が成立すれば、来年初めまでに1,000億ポンドの工事発注書を手に入れることができるはずだ。

メガワイドの受注高は、マロロス・クラーク鉄道プロジェクト、カーボン・マーケット再開発、アグリペイ下水処理プラント、ウエストサイド・シティ・リゾーツ・ワールド、ニューポート・リンクなどの新規プロジェクトを獲得した後、昨年末までに684億ポンドに達した。

メトロ・マニラ地下鉄プロジェクトの契約パッケージ3-4個と、南北通勤鉄道-南線プロジェクトの契約パッケージ3-4個に参加する意向だ。 サアベドラ氏は水曜日の株主総会でのプレゼンテーションで述べた。

同社の1-3月期の親会社株主に帰属する当期純利益は285万ポンドとなり、2020年の同期間の2億94万ポンドから減少した。 売上高は前期の49億6,000万ポンドから38億3,000万ポンドに22.8%減少しました。

Megawideは、2021年を「回復の年」と考えている。

Source: https://www.bworldonline.com/megawide-eyes-2-contracts-p100-b-order-book/