Leechiu Property Consultants (LPC)によれば、オフィススペースの需要は2021年末までにパンデミック以前の水準に近づき、33万平方メートル(平方メートル)のライブ要件が終了すると予想される。

LPCのMikko Barranda監督は、24日の記者会見で、就任が50万平方メートルに達する可能性があると述べた。 60万平方メートル。 開発者との取引のパイプラインに調印し、年末までにレベルを上げる。

「昨年は38万平方メートルだったため、同じペースで事態が進展すると仮定した場合、ほぼ倍増する見込みだが、経済が大幅に開放され、ワクチンの接種が増えていること、そして数カ月が経つにつれて自信が高まると確信している」と同氏は述べた。

Barranda氏によると、IT・ビジネス・プロセス・マネジメント(IT-BPM)部門は、オフィススペースの需要を19万平方メートル(ライブ需要の58%)で牽引し続けているという。

Eコマースやロジスティクスのような伝統的な企業は、パンデミックの間に成長したが、12万2,000平方メートルを記録した。 37%、フィリピンのオフショアゲーム事業者(POGO)は17,000平方メートルを求めている。 あるいは5%と付け加えた。

「私たちはPOGOからの問い合わせをいくつか見ています。(彼らは)オフィススペースを積極的に求めています…」と同氏は述べた。 「上院法案2232とフィリピン国境の再開により、POGOセクターからの復活が期待できる」と述べた。

上院法案2232は、POGOに課税する措置案である。

バランダ氏は、オフィス需要の大幅な伸びは回復の強力な指標だと述べた。

出典:
https://www.pna.gov.ph/articles/1146957