The Philippines reaffirmed its commitment to expand two-way trade and investment ties with Switzerland and deepen cooperation in cleantech and renewable energy, infrastructure, life sciences, and digital healthcare sectors ahead of the fourth Joint Economic Commission (JEC) to be held this week and the 65th anniversary of PH-Switzerland diplomatic relations next year.
“We enjoin Swiss businesses…to look closer in the Philippines and assess the merits of investing into the country given the set of incentives that we offer, matched with unparalleled abundance and cost efficiency of labor and of course, access to strategic markets,” Department of Trade and Industry (DTI) Undersecretary Ceferino S. Rodolfo said during the virtual business forum entitled “Philippines and Switzerland: Investing Together for a Better Future.”
Despite the pandemic, bilateral trade between the Philippines and Switzerland rose to USD 764M in 2020 and Philippine exports to the European country rose 8% over the same period, said Usec. Rodolfo. Over the last five years, approved investments from Switzerland reached P1B as Swiss entities like Nestle, Franke Food Service, and CHAMP Cargosystems, among many others, continue to thrive and make it happen in the Philippines.
One of the sectors geared for closer collaboration in clean technology and renewable energy (RE), which is especially relevant as the Philippines seeks to increase the share of renewables to more than half of the power generation mix by 2040. The investment opportunities in RE lie in upstream development, generation, retail, transmission, and distribution, according to Mylene C. Capongcol, Director, Department of Energy.
Swiss organizations can look into supporting the development of the Philippine infrastructure sector. Switzerland is a donor and shareholder of the Asian Development Bank since 1967, helping the Manila-based multilateral lender finance the growth aspirations of countries like the Philippines.
Health is another sector that can benefit from Swiss expertise, especially as the pandemic highlighted the urgent need to digitize and increase the resilience of the healthcare system.

フィリピンは、今週開催される第4回合同経済委員会(JEC)と来年のスイスとの外交関係樹立65周年を前に、スイスとの双方向の貿易・投資関係を拡大し、クリーンテック・再生可能エネルギー、インフラ、ライフサイエンス、デジタルヘルスケア分野での協力を深めることを再確認しました。
通商産業省のセフェリーノ・S・ロドルフォ次官は、「フィリピンとスイス」と題したバーチャルビジネスフォーラムの中で、「スイス企業には、フィリピンをよく見て、他にはない豊富な労働力とコスト効率、そしてもちろん戦略的市場へのアクセスにマッチした一連のインセンティブを考慮して、フィリピンに投資するメリットを評価していただきたい」と述べ、”Investing Together for a Better Future”と題したバーチャルビジネスフォーラムを開催しました。
パンデミックにもかかわらず、フィリピンとスイスの二国間貿易は2020年に7億6400万米ドルに増加し、フィリピンからヨーロッパ諸国への輸出は同期間に8%増加したと、ロドルフォ次官は述べました。過去5年間にスイスから承認された投資額は10億ペソに達し、ネスレ、フランケ・フードサービス、チャンプ・カーゴシステムなどのスイス企業がフィリピンで成功を収めています。
フィリピンが2040年までに発電量の半分以上を再生可能エネルギーにすることを目指していることから、クリーンテクノロジーと再生可能エネルギー(RE)の分野での協力関係を強化することが求められています。エネルギー省のMylene C. Capongcol局長は、再生可能エネルギーへの投資機会は、上流開発、発電、小売、送電、配電にあると述べています。
スイスの組織は、フィリピンのインフラ部門の開発を支援することができます。スイスは1967年以来、アジア開発銀行に出資しており、マニラを拠点とする多国間金融機関がフィリピンのような国の成長目標に資金を提供することを支援しています。
特に今回のパンデミックでは、医療システムのデジタル化と回復力の向上が急務であることが明らかになったため、スイスの専門知識を活用することができる分野です。

参照元:
https://www.dti.gov.ph/news/commercial-ties-with-switzerland/