The government expects to finish 29 flagship infrastructure projects worth P238.48 billion before President Rodrigo R. Duterte’s term ends in 2022. It has added 13 more projects for a total of 119 projects worth P4.73 trillion, presidential adviser for flagship infrastructure projects Vivencio B. Dizon said.
Mr. Dizon said 11 projects worth P126.76 billion have been completed. Fifty-one projects worth P3.28 trillion are expected to be finished beyond Mr. Duterte’s term. Twenty-eight projects worth P1.09 trillion are in the pipeline, he added.
Some projects had been canceled as the state tries to be fiscally prudent amid a coronavirus pandemic.
Economic Planning Secretary Karl Kendrick T. Chua said the government had programmed P1 trillion worth of infrastructure projects in the past three years excluding 2020 because of the coronavirus pandemic.
“We have a strong pipeline to ensure that the next administration will have a very good starting point to build on the progress we have so far,” he said. “We will continue to welcome all possible financing options.”
The government has a P1.02-trillion infrastructure spending plan for the year.
Meanwhile, the World Bank said it had approved a P13.5-billion loan for the Philippines to boost infrastructure projects in the countryside.
The loan is an additional financing for the Philippine Rural Development Project and will be complemented by a newly approved P1.06 billion grant, the multilateral lender said in a statement.
The bank expects more than 300,000 Filipinos in rural areas to benefit from the project.

フィリピン政府は、ロドリゴ・R・ドゥテルテ大統領の任期が終了する2022年までに、29の旗艦インフラプロジェクト(2,384億8,000万ペソ相当)を完了する見込みです。また、13件のプロジェクトを追加し、合計119件、4兆7,300億ペソのプロジェクトになると、ビベンシオ・B・ディゾン大統領補佐官(旗艦インフラプロジェクト担当)は述べています。
ディゾン氏によると、11件、1,267億6,000万ペソのプロジェクトが完了済み。3兆2,800億ペソに相当する51のプロジェクトは、ドゥテルテ氏の任期を超えて終了する見込み、1兆900億ペソ相当の28のプロジェクトが進行中であるとのことです。
いくつかのプロジェクトは、コロナウイルスのパンデミックの中で、州が財政的に慎重なため、キャンセルされました。
カール・ケンドリック・T・チュア経済計画長官は、「政府はコロナウイルスの流行のため、2020年を除く過去3年間に1兆ペソ相当のインフラプロジェクトを計画した。」「次期政権がこれまでの成果を基に非常に良いスタートを切れるよう、強力なパイプラインを用意しています。我々は引き続き、あらゆる可能な資金調達手段を歓迎する。」と述べました。
政府は今年、1兆2,000億ペソのインフラ支出計画を立てていますが、世界銀行は、フィリピンの地方におけるインフラプロジェクトを強化するため、135億ペソの融資を承認したと発表しました。
この融資は、フィリピン農村開発プロジェクトへの追加融資であり、新たに承認された10億6,000万ペソの助成金によって補完されると、世界銀行は声明で述べています。
同行は、農村部に住む30万人以上のフィリピン人がこのプロジェクトの恩恵を受けることを期待しています。

参照元:
https://www.bworldonline.com/duterte-to-finish-29-flagship-projects-before-term-ends/