フィリピンの製造業は6月に前年同月比で「限界的」に回復し、購買管理者指数(PMI)は、経済の半分を占める多くの製造業者や輸出業者が居住する地域で検疫規制が緩和されたため、50.8に上昇した。

6月のPMI(50%以上)は、4月、5月の50%未満を逆転させ、生産活動が拡大したことを示しており、縮小傾向にある。 これは、首都圏プラス-マニラ首都圏、およびブラカン、カビテ、ラグナ、およびリザルの各州が、COVID-19のアウトブレイクを封じ込めるために、最も厳しい制限の下に置かれた時期であった。

7月1日(木曜日)に発表された調査リポートによると、「生産量、新規受注、雇用が減少した一方で、輸出が急増した」と、ロンドンに本拠を置くグローバル情報プロバイダーIHSマークト社のエコノミスト、シュリーヤ・パテル氏は指摘した。

「7-9月期が好調になるとの見通しから、企業の株価水準は上昇した」とパテル氏は述べた。

しかし、パテルは、検疫規制の残りが依然として国内需要を抑制している一方で、港湾の渋滞が世界貿易を減速させ、輸出売上を妨げていると述べた。

それにもかかわらず、フィリピンはASEANにおいて、地域PMIが昨年5月の51.8から6月には49に低下したという傾向に歯止めをかけました。この地域の他の国々の多くは、厳しいロックダウン措置と供給のボトルネックのために工場生産と受注帳簿が下落したときにマイナス指数を記録しました。

Source:
https://business.inquirer.net/326141/ph-manufacturing-returns-to-marginal-growth