The National Grid Corporation of the Philippines (NGCP), a privately-owned company, announced on Wednesday, June 16 that it will begin a competitive bidding process for ancillary services requirements in order to help the government meet its objectives and secure the best value for power consumers.
Ancillary services are support services needed to maintain power quality, reliability, and security of the grid.
“We want to guarantee the best pricing for AS, especially since this is a pass-on cost to consumers. With an open and public bidding process, we ensure full transparency and comply with internal governance imperative of accountability, which all our stakeholders deserve,” NGCP president and chief executive Anthony Almeda said.
However, the NGCP official emphasized that acquiring reserves through a firm or non-firm arrangements is not the solution for the recurring brownouts or power outages in the country.
“What we have is a supply and not a distribution problem. For the grid to effectively address imbalances between supply and demand, we need to increase the power capacity of the country to meet rising demand as we start to recover and fully reopen the economy,” Almeda said.
He said the firm contracting being insisted by the Department of Energy “will not result in additional supply, it will only lead to a change in payment terms where all power, used or unused, will have to be shouldered by the public.”
The official further said this take or pay arrangement would only lead to higher electricity costs for consumers.
The annual power consumption in the Philippines is expected to grow by 14.09 percent from pre-pandemic levels in 2019 to 2021, once economic activity catches up and normalizes.

フィリピンの民間電力会社であるNational Grid Corporation of the Philippines(NGCP)は、政府の目的達成と電力消費者にとっての最良の品質を確保するため、アンシラリーサービスの要件に関する競争入札を開始することを6月16日(水)に発表しました。
アンシラリーサービスとは、送電網の電力品質、信頼性、安全性を維持するために必要なサポートサービスのことです。NGCPの社長兼CEOであるアンソニー・アルメダは、「特に消費者に転嫁されるコストであるため、ASに最適な価格を保証したい。公開入札により、透明性を確保し、すべてのステークホルダーにふさわしい説明責任を果たすことができました」と述べています。
しかし、NGCPの担当者は、ファーム契約やノンファーム契約による埋蔵量の確保は、国内で繰り返されているブラウンアウトや停電の解決策にはならないと強調しています。
「私たちが抱えているのは、供給の問題であって、配電の問題ではありません。送電網が需要と供給の不均衡に効果的に対処するためには、今後の経済の回復に伴う需要の増加に対応し、国内の電力容量を増やす必要があります」とアルメダは述べました。
エネルギー省が主張している企業との契約は、「追加供給にはつながらず、使用済み、未使用にかかわらず、すべての電力を国民が負担しなければならないという、支払い条件の変更につながるだけだ」と述べました。
さらに、このテイク・オア・ペイ方式は、消費者にとって電気料金の上昇を招くだけだといいます。
フィリピンの年間電力消費量は、経済活動が追いついて正常化すれば、2019年から2021年にかけてパンデミック前の水準から14.09%増加すると予想されています。

参照元:
https://manilastandard.net/mobile/article/357302
https://www.bworldonline.com/ngcp-to-seek-bids-for-reserve-power-services/