The critical role of the newly formed Philippine Trade Facilitation Committee (PTFC) is to enable the country’s micro, small and medium enterprises (MSMEs) to actively participate in international trade and broaden their access to global value chains.
Finance Secretary Carlos Dominguez III emphasized the Committee’s primary task of streamlining trade processes and modernizing major customs operations that will be beneficial to MSMEs. MSMEs often lack access to the global markets and have no financial capacity to overcome the inefficiencies of the trading system.
The PTFC was created to enable the Philippines to comply with its commitments under the World Trade Organization-Trade Facilitation Agreement (WTO-TFA), which mandates each member-state to establish and/or maintain a national committee on trade facilitation, or designate an existing mechanism to facilitate both domestic coordination and implementation of the provisions of the agreement.
“The role of this committee is very crucial to the attainment of that goal. This committee was not just created to simply comply with our commitments under the World Trade Organization. This was formed to ensure that we remain competitive in the continuously evolving global trade landscape,” Dominguez said.
The official said the spillover effects of improved trade processes and customs administration will create more jobs, bring in more possible investments, and help advance the skills and capabilities of Filipino workers and local entrepreneurs.
He also added that harmonizing the Philippines’ trade processes and modernizing customs operations will allow the country to thrive in the digital economy and leads to a more conducive trading environment for businesses which in turn, will increase the country’s trade volumes and reduce costs for both consumers and producers.

新たに設立されたフィリピン貿易円滑化委員会(PTFC)の重要な役割は、フィリピンの零細・中小企業が国際貿易に積極的に参加し、グローバルなバリューチェーンへのアクセスを拡大できるようにすることです。
カルロス・ドミンゲス三世財務長官は、中小企業にとって有益な貿易プロセスの合理化と主要な税関業務の近代化が委員会の主な任務であることを強調しました。中小企業は、グローバル市場へのアクセスができないことが多く、貿易システムの非効率性を克服するための資金力もありません。
PTFCは、世界貿易機関(WTO)の貿易円滑化協定(TFA)の下で、フィリピンがその義務を果たすために設立されました。WTOTFAは、各加盟国に貿易円滑化に関する国家委員会を設立・維持すること、または既存のメカニズムを指定して、協定の規定の国内調整と実施を促進することを義務付けています。
「この委員会の役割は、この目標を達成するために非常に重要です。この委員会は、単に世界貿易機関の下での約束を遵守するためだけに作られたものではありません。この委員会は、単に世界貿易機関(WTO)の下での約束を守るためだけに作られたのではなく、進化し続ける世界の貿易情勢の中で競争力を維持するために作られたのです」とドミンゲス氏は語ります。
ドミンゲス長官は、貿易プロセスと税関行政の改善による波及効果として、雇用の創出、可能な限りの投資の誘致、フィリピン人労働者と地元企業家のスキルと能力の向上が挙げられると述べました。
また、フィリピンの貿易プロセスを調和させ、税関業務を近代化することは、フィリピンがデジタル経済で成功することを可能にし、企業にとってより快適な取引環境をもたらし、ひいてはフィリピンの貿易量を増加させ、消費者と生産者双方のコストを削減することにつながると述べています。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1143899