Japan is set to donate AstraZeneca’s COVID-19 vaccines to the Philippines, according to its envoy in Manila on Tuesday, as the country continues to battle an increase in infections in the middle of its immunization drive.
Foreign Minister Motegi Toshimitsu made the announcement on Tuesday, June 15, saying the donation is part of Japan’s assistance to the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) and is outside of doses coming from the COVAX facility, to which Tokyo has donated funds. The Philippines is a recipient of vaccines from the COVAX facility.
In a tweet, Japan’s Ambassador to the country Kazuhiko Koshikawa said his government will make sure the vaccines would be delivered “at the soonest possible time.” Although, no details on the number of doses or the exact date of delivery have been disclosed yet.
The Japanese embassy said in a separate post, that the AstraZeneca doses to be donated are among those manufactured in Japan.
Aside from Japan, the United States earlier announced that the Philippines will be among the countries that will receive the first batch of 25 million doses of US-made vaccines by the end of June.
Vaccine doses donated by various countries to the Philippines are expected to boost the country’s vaccination program.

日本がアストラゼネカ社のCOVID-19ワクチンをフィリピンに寄贈することになったと、火曜日にマニラの特使が発表した。フィリピンは予防接種活動の最中で、感染症の増加と戦い続けている。
茂木敏充外務大臣は6月15日(火)にこの発表を行い、この寄付は日本の東南アジア諸国連合(ASEAN)への支援の一環であり、東京が資金を提供しているCOVAX施設からの投与分以外のものであると述べました。フィリピンはCOVAX施設からのワクチンを受け取っています。
越川和彦駐日大使のツイートによると、日本政府はワクチンが「可能な限り早い時期に」届けられるようにするとのことです。しかし、接種回数や正確な納入日などの詳細はまだ明らかにされていません。
日本大使館は、アストラゼネカ社が提供するワクチンは日本で製造されたものであると発表しました。
日本以外では、米国が先に発表したところによると、6月末までに米国製ワクチンの第一陣2,500万回分を受け取る国の中に、フィリピンが含まれているとのことです。
各国からフィリピンに寄贈されたワクチンは、フィリピンの予防接種プログラムを強化することが期待されています。

参照元:
https://news.abs-cbn.com/amp/news/06/15/21/japan-donate-covid19-vaccine-astrazeneca-philippines
https://www.rappler.com/nation/japan-donate-astrazeneca-covid-19-doses-philippines-2021