To remain competitive as technological advancements accelerate due to the coronavirus pandemic, private firms in the country should invest more in digitalization and innovation, according to Finance Secretary Carlos G. Dominguez III.
“As our country recovers from the pandemic and industries get back on their feet, businesses will require heftier investments in innovation and technology in order to stay competitive,” Mr. Dominguez told participants in an event hosted by the Department of Science and Technology (DOST).
The DoST launched its Advanced Manufacturing Center (AMCen) in Taguig City on Monday. AMCen is a technological hub and research center for additive manufacturing, which also houses the country’s first 3D printing research and development (R&D).
“Technological innovations will build new industries and create many employment and investment opportunities. These will allow us to bounce back stronger from the pandemic and help ensure the long-term recovery of our economy,” he added.
Mr. Dominguez said he expects the center to play a major role in the country’s shift to technology and serve as a starting point to upskill workers on advanced manufacturing activities.
Aside from actual infrastructure, current tax policies will further support R&D since the newly enacted Corporate Recovery and Tax Incentives for Enterprises (CREATE) law reduced the corporate income tax rate and offered special tax perks to the sector.
Based on the latest Tholons Global Innovation Index released in March, the Philippines dropped out of the top 10 list of countries deemed as attractive destinations for technology, digital and innovation in 2020. The country is now at 18th in the Top 50 Digital Nations.
Meanwhile, the country reached its highest rank so far in the Global Innovation Index 2020 after ranking 50th out of 131 economies studied.

カルロス・G・ドミンゲス三世財務長官は、コロナウイルスの大流行により技術の進歩が加速する中で競争力を維持するためには、国内の民間企業はデジタル化とイノベーションにもっと投資すべきだと述べました。
ドミンゲス財務長官は、科学技術省(DOST)主催のイベントで、「わが国がパンデミックから回復し、産業が立ち上がるにつれ、企業は競争力を維持するためにイノベーションとテクノロジーへのより大きな投資を必要とするだろう」と参加者に語りました。
科学技術省は、月曜日にタギッグ市にAdvanced Manufacturing Center (AMCen)を設立しました。AMCenは、アディティブ・マニュファクチャリング(積層造形)のための技術ハブであり、研究センターであり、国内初の3Dプリント研究開発(R&D)も行われています。
「技術革新は新しい産業を構築し、多くの雇用と投資の機会を生み出します。これらにより、パンデミックからより強く立ち直ることができ、経済の長期的な回復を確実にすることができます」と付け加えました。
ドミンゲス氏は、このセンターが国のテクノロジーへの移行に大きな役割を果たし、先進的な製造活動を行う労働者のスキルアップの起点となることを期待しています。
また、新たに制定されたCREATE(Corporate Recovery and Tax Incentives for Enterprises)法では、法人税が引き下げられ、R&D部門に特別な税制優遇措置が設けられているため、実際のインフラ以外にも、現在の税制がR&Dをさらに支援することになるでしょう。
3月に発表された最新のTholons Global Innovation Indexによると、フィリピンは2020年にテクノロジー、デジタル、イノベーションにとって魅力的な目的地とみなされる国のトップ10から外れました。同国は現在、「デジタル国家トップ50」の18位に位置しています。
一方、「グローバル・イノベーション・インデックス2020」では、調査対象となった131カ国中50位となり、これまでの最高位を記録しました。

参照元:
https://www.bworldonline.com/finance-chief-tells-local-firms-spend-more-for-digitalization/
https://mb.com.ph/2021/06/14/dof-to-businesses-invest-big-in-digitalization-innovation/?amp