全米プライバシー委員会(NPC)は、進行中のデジタル化に照らして、データプライバシー法(DPA)を強化するための修正を推進している。

プライバシー保護局のレイムンド・リボロ委員は、下院の情報通信技術委員会は、召喚、召喚状、侮辱的な権限、行政処分などの権限を全人代に与えるDPAの改正法案を承認したと述べた。

同法案では、生体情報、遺伝情報、政治的所属などの個人情報を取り込むために、個人情報を再定義し、フィリピン国民や住民の個人情報を処理する際のDPAの域外適用を明確にする規定が設けられている。 同様に、15歳以上の個人情報を処理することに対する同意のデジタル化時代を定義しようとする。

さらに、この法案には、重要な個人情報を処理するための法的根拠の新たな基準として、契約の履行が含まれている。 また、海外の個人情報コントローラー(PIC)が、国内の個人情報プロセッサー(PIP)に代わってデータ違反を報告することを許可することも求めている。

この改正案は、同様に、DPAに基づく刑事罰の変更を対象としており、裁判所に禁固刑またはスラッピング罰のいずれかを決定する選択肢を与えるものである。 また、DPAの改正が進められていることから、NPCは、PICsおよびPIPsが犯したデータプライバシー侵害に対して行政上の罰金を科すことにもなっている。

全人代は、DPAの改正案とは別に、国民の個人情報の適正な取り扱いに向けた取組みを紹介した。 これらには、COVID-19のパンデミック対策に関する発行や、若者向けのオンライン安全キャンペーンが含まれる。

また、ハラスメントを通じた債権回収のための借入人の連絡先リストの回収を禁止するガイドライン、審判におけるテレビ会議技術の利用に関するガイドライン、苦情処理の簡素化のための手続規則の改正についても議論された。

出典:
https://www.philstar.com/business/2021/06/27/2108309/npc-pushes-amendments-data-privacy-act