カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

「iFuel」のフランチャイズ展開

iFuel-eyes-expansion

ニュー・オイル・プレーヤーのiFuelは、この種の投資についてSEC(証券取引委員会)から警告を受けているにもかかわらず、来年100カ所のステーションにサービスを提供するために、フランチャイズ・オプションの開始を目指している。

iFuelのKrizzia Ann Loyang社長兼最高経営責任者(CEO)は28日、バーチャルメディア向け説明会で、同社は2018年に設立されたが、今年末にはiFranchise Business Services Corp.傘下の30の会社が出店すると発表した。

また、来年からフランチャイズ展開を開始し、100店舗体制を目指す。

「当社が所有する駅の30%を維持したい」とLoyang氏は述べた。

iFuelは、最小のガソリンスタンドで最大650万ポンド、最大のガソリンスタンドで最大1,150万ポンドのフランチャイズ・パッケージを提供している。

SECからの警告にもかかわらず、同社はフランチャイズオプションを利用して、投資提案を行っている小規模な石油会社に進出する。

SECは今年8月、一般投資家に対し、フランチャイズ契約、共同フランチャイジー契約、パートナーシップ契約、共有契約、その他の形態の契約を装って、投資オプションを提供する燃料会社に対して、自社に投資し、利益を「面倒な無償」で稼ぐ機会を一般投資家に提供するよう勧告した。

これらの買収案では、ガソリンスタンドの建設、運営、運営を手掛ける一方、投資家は資金を投入し、利益を待つだけで済むとの見方を示した。

「欧州委員会は、これらの種類の契約または投資スキームは、どのように呼ばれたとしても、公衆に対し、「投資契約」の定義および/または「株式」の引受けに直接該当することを思い出させる。従って、法律上、これらは欧州委員会の規制管轄下にある証券とみなされる。 証券の公募は、共和国法8799または証券規則法により、欧州委員会に登録することが義務付けられている。 このため、未登録証券の発行は違法である」とSECは述べた。

iFuelのFacebookページは、iFuelはSECに正式に登録されており、二次免許の所有者であると主張しています。

セカンダリ・ライセンスとは、証券仲介業者、ディーラー、証券取引所、投資会社、金融会社、融資会社などの規制された活動に従事する免許または権限を「法人」に与える登録である。

SECは、iFuelが登録されているか、二次ライセンスを取得しているかどうかはまだ確認していない。

しかし、今年開設予定の30カ所のガソリンスタンドのうち、iFuelはエネルギー省(DOE)、石油産業管理局(OIMB)ディレクターのRino Abadに対して、テキストメッセージの中で1カ所のステーションの登録申請をしたにすぎないと述べた。

Abadは、すべてのガソリンスタンドは、最低設備基準が厳格に遵守されることを確実にするために、DOEへの適合証明書を確保する必要があると述べた。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/12/08/2146361/ifuel-expand-through-franchising

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you