カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

より多くのエコノミストがフィリピン2021年の成長目標を調整

economists-on-Ph-2021-growth-targets

7-9月期の国内総生産(GDP)が予想を上回ったことを主因に、多くのエコノミストが今年のフィリピンの成長見通しを調整している。

スタンダードチャータード銀行のアジア経済学者ジョナサン・コー氏は、フィリピンのGDP成長率見通しを2021年の4.6%から5%に引き上げたと述べた。

「2021年のGDP成長率見通しを4.6%から5%に引き上げ、第3四半期の好調な成長を反映させます」とKoh氏は述べた。

スタンダードチャータードの最新予測は、開発予算調整委員会(DBCC)が2021年に設定した4~5%の目標の上限に達している。

DBS Bank Ltd.用 経済学者のチュア・ハン・テンは、今年のGDP成長率が4.2%から5%に上方修正され、緩やかな回復基調にある。

「フィリピン経済は、第2四半期の後退後、第3四半期に回復軌道に戻った。 我々の見解では、COVID-19の最悪のアウトブレイクにもかかわらず、8月、特に経済的に重要なNCRにおいて、厳しいロックダウンが再度強制されたにもかかわらず、7-9月期の業績は回復力があったと思われる」とTeng氏は述べた。

Standard CharteredのKohは、フィリピンの経済見通しは今後1年間で改善されるはずであり、国内のワクチン接種の進展が重要であると述べている。

「COVIDの状況が改善し、ワクチン接種率が上昇する中で、経済は回復基調を維持し、規制緩和につながるはずです。 同氏は、過去1週間の1日平均症例数は2,100例であったのに対し、7-9月期のピーク時の症例数は2万例であり、流動性レベルはパンデミックが始まって以来最高であると述べた。

スタンダード・チャータードは、インフレがピークに達したとみられ、低水準のベース効果が減退する11月以降、さらに緩やかになると予想されることから、Bangko Sentral Ping Pilipinas(BSP)が成長回復を支える緩和姿勢を維持すると予想していると発表した。

一方、DBSは、個人消費の循環的な回復は来年後半に急速に改善し、持ち直すとみていると発表した。

Teng氏は、「民間消費は、より良い労働市場条件と相まって、ワクチン接種が危機的状況に達することで、移動性と経済的再開がさらに改善されることによって支えられるべきである」と述べた。

しかし、シンガポールの銀行は、フィリピンの世帯のバランスシートはパンデミックの経過とともに悪化し、急激な上昇を妨げる深刻な傷跡を残す可能性があると述べた。

BSPのベンジャミン・ディオクノ知事は、DBCCが設定したGDP成長目標4-5%の引き下げは、7-9月期の好調を受けて上回る可能性があると述べた。

「予想を上回る成長率は、2021年に4-5%と修正された成長予測を上回る可能性を高める」と述べた。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/11/12/2140612/more-economists-raise-philippines-2021-growth-targets

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you