カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

アヤラ(株)の中核事業強化、資産売却

Ayala-sell-some-assets

アヤラは、中核事業の強化、資産売却、物流分野でのプレゼンス拡大を目指している。

アヤラ フェルナンド・ゾベル・デ・アヤラ社長兼最高経営責任者(CEO)は、10年間の事業拡大後、より少ない事業に注力すると述べた。

「ここ10年は少しずつ成長し、私たちは多くのことに取り組んできました。 Bloomberg Televisionの先週のインタビューで、われわれは、少数の事業に少し注力し、その事業への関与を深めることにした」と述べた。

Ayalaの中核事業は、銀行、通信、不動産、そして最近では再生可能エネルギーである。

Zobelは、これらの事業に注力し、急速に拡大すると述べた。

「われわれは、受動的な投資を行っているポートフォリオの一部を売却しようと、ある程度の価値実現を行った」と同氏は述べた。

Zobelによると、同社は「自社株買いにより再配分する」としている。

アヤラはまた、債務を削減し、新たなイニシアチブをとる。

同コングロマリットは、ヘルスケア・ポートフォリオも拡大しており、EntregoをEnd to End Delivery CompanyであるAir21 Holdingsと統合することを検討している。

Zobel氏は、「われわれは、これを統合したり、その事業体と協力したり、現在の会社であるEntregoと組み合わせることを考えている。 Entregoは、現在、さらに多くのサービスを提供できる」と述べた。

Ayalaは先月、Air21の60%株式を約60億ポンドで取得することで合意した。Air21はビジネスマンと元税関局長のAlberto Linaが所有している。

Zobelは弟のJaime AugustoをCEOに就任したが、フィリピン経済にとって最悪の事態は「再発しない限り」、あるいはCOVID-19の急増であると考えている。

「われわれが前進していることを示す良好なシグナルがあります」とZobel氏は述べた。

復興戦略の一環として、Ayalaはデジタル事業を強化しており、Zobelは「エキサイティングな部分」だと述べている。

「われわれには、劇的に拡大した2つの分野がある。 1つはBPI社で、現在約310万人の顧客を抱え、約5兆6,000億ポンドの取引を行っており、急速に成長している。 そして、もしあなたがグローブにシフトすれば、彼らはGCashを手に入れることができます。 これには5100万人の顧客がおり、3兆ポンドの取引がある」とZobel氏は述べた。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/11/29/2144427/ayala-strengthen-core-businesses-sell-some-assets

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you