アラスカ・ミルク社はフィリピン政府、大学と提携し、酪農家を養成する。

Alaska-on-training-dairy-farmers

アラスカ・ミルク・コーポレーション(AMC)は、フィリピン国立乳業公社(NDA)およびフィリピン大学(UP)ロスバニョスと提携し、フィリピンの酪農家を対象としたパイロット・トレーニング・プログラムを開始した。

AMCとUPロスバニョスの乳業研修所(DTRI)が実施している研修プログラムはすでに開始されており、11月25日まで実施される予定である。 50の酪農家が参加する。

フィリピンの酪農家の収量を改善するためのコースには、動物行動、牛の快適性、飼料配合、牛乳の取り扱いなどの技術的な話題が含まれる。

この研修では、AMCの親会社であるRoyal FrieslandCampinaのベストプラクティスも紹介されます。Royal FrieslandCampinaは、乳製品の生産と管理で150年の経験を持つオランダの酪農協同組合です。

「ロイヤル・フリースランド・カンピナとアラスカは、フィリピンの酪農家のエンパワーメントとフィリピンの酪農産業の改善に尽力しています」と、AMCのTarang Gupta専務理事は声明の中で語った。

「NDAやDTRIとの強力で永続的かつ有意義なパートナーシップを通じて、フィリピンの家族、農民、子どもたちに、そして今後何年間も、栄養を与えることができるようになるでしょう」と同氏は付け加えた。

この研修コースは、特に電子商取引が農業部門において急速に不可欠な技能となっている時に、参加者の市場への牛乳販売に関する技能を向上させるために、デジタルマーケティングや起業家精神などのテーマによって補完される。

マリア・レオノール副大統領「レーニ」ロブレド氏は、このパートナーシップの署名式典の際のビデオ・メッセージで、パンデミックの問題はあるものの、「民間部門と公共部門がこの状況によって麻痺していないことを喜ばしく思う」と述べた。

「今、パートナーシップを築いています。この困難な時期に、私たちの仲間の繁栄を支援するという共通のアドボカシーを継続できるように、お互いに関わり合うためのより多くの方法を見つけるのです」とRobredo氏は言う。

「(これは)産業、支援を求めてくれる数え切れないほどの農家や起業家、あなたの真ん中のコミュニティ、そしてフィリピン国民全体にとって、あなたがどれほど信頼でき、信頼できるかの一例に過ぎません」と彼女はさらに言う。

DTRIのDr. Amado Angelesは、このようなパートナーシップによって、フィリピンで成長する酪農産業の知識を伝え、改善に役立てることができると述べています。

同時に、Pinoy酪農家の可能性を開拓する手助けもしています。 アラスカやNDAとの提携など、より多くのパートナーシップを期待している」と述べた。

アラスカは来年、創立50周年を迎えるため、フィリピンの家族に手ごろな価格の栄養を提供するという使命を果たすことに変わりはない、と同社は述べた。

現在、フィリピン政府は、地元の酪農生産量を増やし、それを促進する努力を行っている。

フィリピン・カラボ・センター(PCC)のOIC事務局長、ロニー・ドミンゴ氏は今月、ビジネス・ブレティンに次のように語った。地元で生産された乳製品の利用者を増やすために、彼の代理店は、殺菌牛乳、チョコレートミルク、パスチラス、その他フィリピンの農家が製造した乳製品を提供する自動販売機を増やすことを計画している。

同氏は、この動きに資金を提供する1つの選択肢は、フィリピンのような開発途上国の食料安全保障の向上を支援するために米国が資金提供しているプログラムであるUS Public Law 480(US PL480)から資金を調達することであると述べた。

また、農務省(DA)の代理店であるPCCが、24/7日にすぐに消費できる乳製品を提供する「onestore.ph」自動販売機を発売したのも、今月初めのことだ。

ヌエバ・エシジャ州サイエンスシティ・シティのミルカ・クレム店の入り口の横にある自動化された機械は、地元の酪農家の生産を促進し、より幅広い消費者にとって便利で容易に利用できるようにするために建設された。

出所:https://mb.com.ph/2021/11/17/alaska-milk-partners-with-govt-university-to-train-dairy-farmers/

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you