カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

オミクロンの影響評価を待つ投資家が石油価格を下げる

Oil-prices-ease

オミクロンコロナウイルス変異株が世界経済と燃料需要に与える影響と既存のワクチンの有効性について、投資家は十分な評価を待ち望んでいたため、2日間の利益を受けて原油価格は下落した。

ブレントの原油先物は19セント(0.3%)安の0519 GMT、1バレル当たり75.25ドルとなったが、火曜日には3.2%高となった。 米西テキサス州中間原油は71.82ドル(前年同期は23セント)、0.3%安の3.7%だった。

原油価格は先週の崩壊から今週初めには回復した。 オミクロンの新型車は大きな経済的ダメージをもたらさないとの楽観的な見方が強まったからだ。

楽天証券のコモディティ・アナリスト、吉田佐鳥氏は「投資家は、オミクロン変異株が買い増す前に、その影響を完全に確認しようとしたため、回復の動きは一途をたどった」と述べた。

アフリカ保健研究所(南アフリカ)の研究部門責任者、バイオニッテック社のCOVID-19ワクチンの2回投与による予防効果を部分的に回避することができる、と同氏は火曜日、語った。

一方、英国の製薬会社であるGSKは、米国で提携しているVir Biotechnology社との抗体ベースのCOVID-19療法は、Omicron変異体のすべての突然変異に対して有効であると、火曜日に発表した。

「投資家はまだまだ楽観的ではなく、今のところ待ち受けている」と日産証券のリサーチ担当ゼネラルマネージャーである菊川博之氏は言う。

また、市場はイランの核交渉、ロシアとウクライナの緊張、北半球の冬の天候にも焦点を当てていると付け加えた。

ワシントンとテヘランの間では、1週間前に再開された核戦力の再配備に関する間接協議が再開されたが、金曜日に中断し、今週後半に再開が予定されている。これは、イラン側の要求を払拭することに、西側関係者が失望を表明したためである。

外務省の広報担当者は月曜日、核計画をめぐる交渉において、イランが現実的な提案をすることを望んでいると述べた。

一方、ジョー・バイデン大統領は、プーチン大統領に対し、米国火曜日、ロシアがウクライナに侵攻した場合には「強力な経済措置等」をとる旨警告し、プーチン大統領は、北大西洋条約機構がこれ以上東方に拡大しないことを保証するよう求めた。

バイデンは、プーチンが厳しい経済制裁、ヨーロッパへのノルド・ストリーム2ガス・パイプラインの混乱、米欧同盟国がウクライナに追加的な防衛能力を提供することに直面する可能性があると警告した。

米国石油協会(APEI)の統計によると、石油市場は先週、米国の原油在庫が減少したものの、ガソリン・蒸留物在庫が増加したことから、米国の週次在庫データにほとんど反応しなかった。

米調査会社ロイターがまとめたアナリスト予想は、米国の原油在庫データが週次ベースで2度連続で減少するとみている。

出所:https://business.inquirer.net/335976/oil-prices-ease-as-investors-wait-for-assessment-of-omicrons-impact

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you