グローバルは2022年までにブロードバンド・ユーザーをファイバーに移行する

migrating-to-fiber-by-2022

グローブ・テレコムの家庭部門であるグローブ・アット・ホームは、2022年までに全ブロードバンド・ユーザーを無料でファイバーに移行すると設定している。

すでに10月時点で、2021年の目標を250%上回っており、DSLまたはLTE接続の契約者をカバーしている。

全体的に、Globeは、少なくとも140万本のFiber to the HomeまたはFTTHラインの設置を目指している。

「2022年までに、すべての顧客は、現在および将来の家庭のニーズに対応できる高速繊維技術を享受することができる。 Globe At Homeマーケティング担当バイスプレジデントのBarbie Dapul氏は12月6日、「われわれは、容易かつ円滑な移行のために、引き続き彼らを指導していく」と述べた。

Globe At Home顧客は、最高1ギガビット/秒の速度を享受することができ、シームレスなHDビデオ通話、仮想クラス、またはラグフリーゲームが可能になります。

グローブ・アット・ホームは、テレヘルス・アプリKonsultaMDを無料で利用できるP1499用の無制限ファイバー・プランを提供している。 P1,699以上のプランでは、無料のKonsultaMD、固定電話、およびGlobeへの無制限通話の上に、ストリーミングサービス「Viu」、「HBO Go」、「Amazon Prime Video」、「Upstream」、および「WeTV」への3カ月無料アクセスが含まれています。

ブロードバンド事業の売上高は、1月から9月にかけて過去最高の224億ポンドを記録した。 グローブ・アット・ホームの加入者数は9月30日時点で370万人。

出所:https://www.rappler.com/business/free-fiber-upgrade-globe-telecom-broadband-users-to-be-completed-2022/

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you