カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

グローバル・クレジット・ウォッチャー、フィリピンの成長見通しを上方修正

growth-forecast-for-Ph

世界の信用調査会社フィッチ・レーティングスは、7-9月期の予想を上回る景気拡大を受け、今年はフィリピンの回復ペースが加速するとみている。

フィッチのアジア・太平洋ソブリンズ・ディレクター、サガリカ・チャンドラ氏は、ビジネス・ワールドが主催したバーチャル経済フォーラムで、債務ウォッチャーが今年の国内総生産(GDP)成長率見通しを4.4%から5-5.5%に引き上げたと述べた。

「7-9月期のGDPデータは予想を上回った。 今年の成長率は4.4%で、来年は6.8%に回復すると予測しています。 しかし、7-9月期のデータをみると、予想をやや上回る成長となる可能性がある。 「おそらく5%から5.5%の間だと思います」とChandraは言う。

Chandra氏は次のように付け加えた。「我々を襲ったのは、COVIDの非常に深刻な事例の波の中での経済の回復力だけです。」

「しかし、われわれの懸念は、中期的な見通しや、経済がどれほど早く回復できるか、そしてマクロ政策の枠組み、つまり本質的に財政と金融にある」に少しだけ重きを置いている」と同氏は付け加えた。

フィッチ幹部は、経済を支える巨額の債務融資と非伝統的な金融政策の巻き戻しの中で、財政再建を急ぐ必要があると指摘した。

チャンドラ氏は、来年5月に行われる総選挙も不確実性を増しているが、GDPは2022年には6.8%の成長を見せていると述べた。

債券ウォッチャーは当初、同国の信用格付けを昨年5月のマイナスから、あるいはCOVIDの流行の最中に安定的に引き下げた。

しかし、フィッチは、パンデミックによる景気後退から景気が緩やかに回復すると予想されることから、フィリピンの信用格付け見通しを7月の安定からマイナスに改めて引き下げた。

これは、債券ウォッチャーが同国の格付けを引き下げる可能性があることを意味する。同国の格付けはBBBにとどまっており、投資適格の最低水準を一段上回っている。

ムーディーズ・アナリティクスのアジア・パシフィック・スティーブン・コクランのチーフ・エコノミストは、昨年のフィリピンのパンデミックは、インドを除くアジア・パシフィックのどの国よりも大きな打撃を受けたと述べた。

「閉鎖はおそらく世界で最も長く、非常に厳しいものでした」と同氏は述べた。

コクランは、輸出の回復がようやく始まったと述べた。

「したがって、フィリピンは、サービスに対する需要がますます高まっているこの世界的な時代に、ほぼ飛躍的に進んでいる。 ちょっといいですね。 (フィリピン)は、サービスベースの輸出、ビジネスプロセスオペレーションなどに非常に重点を置いている。 コクランは、経済の大きな利点であり、経済を支えるものであると述べた。

しかし、ムーディーズ・グループの研究部門は、同国でのCOVIDワクチンの開発が遅く、対象集団のわずか30%しかワクチン接種を受けていないことを嘆いた。

ムーディーズ・アナリティクスは、来年の同国のGDP成長率を6%と見ている。

同副総裁は、同国のGDP成長率は今年1月から9月までの平均4.9%で、開発予算調整委員会(DBCC)が設定した目標の4%から5%の範囲内であると述べた。

「これは、同国が経済の安全な再開を通じてリスクを管理し、粒度の検疫制限を課すことによって、ウイルスと共に生きることを学んでいることを示しているようです」とSicat氏は言う。

Sicatは、1~10月の平均4.5%で中央銀行の2~4%の目標を上回った後、インフレは11月以降目標範囲内まで緩和され、2022年、2023年には目標の中間点までさらに減速すると述べた。

BSPは、2兆3,000億ポンドを金融システムに投入するCOVID-19の措置を除き、貸出を促進し、経済活動を活性化させるために、金利を過去最低水準に抑えるなど、緩和的な金融政策姿勢を維持している。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/11/25/2143559/fitch-raises-growth-forecast-philippines

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you