カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

サン・ミゲルの河川改修プログラムに150万ドルを拠出する日本の海運会社

Japan-shipping-firm-to-help-San-Miguel's-rehab-program

日本の海運会社は、多角化したコングロマリットであるサンミゲル社を支援するために150万ドル(7,560万ポンド)を提供している。 (SMC)は、Pasig川とTullahan-Tinajeros川のシステムを修復する。

東京の海運会社である日本郵船株式会社(NYK Line)は、世界最大の海洋汚染要因と考えられる水路の復旧に参画しています。

NYKは、プロジェクトに必要な追加設備を購入するために、5年間で150万ドルを寄付する。

また、サンミゲル財団を通じた義援金の寄付や、対象河川のしゅんせつ・清掃活動に使用する追加機材の取得を行います。

同社は、海洋環境の保護は同社の任務の一部であり、持続可能な事業体になることを目標としている。

日本郵船は、定期船業、航空貨物輸送業、物流業、ばら積み船業、不動産業を営む国内最大級の海運会社です。 船員の約70%がフィリピン人である。

なお、当社では27kmのTullahan-Tinajeros川の清掃に10億ポンドを投じています。

2020年6月以降、ナボタスの河川区間、マニラ湾口、マラボン、バレンズエラにまたがる11キロメートルに及ぶ敷地から、すでに53万3,498トンのシルトと固形廃棄物を除去している。

SMCのRamon Ang社長は、「我々の目標は、Tullahan川を深化させ、必要であれば、Tullahan川を広げることである。それにより、特に大雨の際には、ラ・メサダムからの余剰水をより多く取ることができ、また、洪水の起きやすい地域として知られているマラボン、ナボタ、バレンズエラでの洪水を最小限に抑え、緩和することができる」と述べている。

また、昨年7月に正式にスタートした「パッシグ川」のリハビリテーションに20億ポンドを投じました。 これまでに、パンダカン沿いとマラカナン宮殿近くの2つのパイロット区域から10万MT以上の廃棄物が除去されている。

このプロジェクトは、マニラ首都圏だけでなくラグーナでも、河川から最大300万MTのシルトおよび固形廃棄物を除去し、洪水をより多く流し、洪水を緩和することを目的としている。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/11/21/2142719/japan-shipping-giant-pledges-15-million-help-smcs-river-rehab-program

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you