カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

ソーラー・フィリピン・ヌエバ・エシジャ部門がP2.7-B IPOのオファー期間を開始

Solar-Philippines-Nueva-Ecija

ソーラー・フィリピンの100%子会社であるSolar Filippines Nueva Ecija Corp. SPNECは、27億ポンドの増資計画を進めている。

ソーラー・フィリピンは28日、米証券取引委員会(SEC)がSPNECに売却する許可を出したと発表した。

Leviste主導企業によると、2021年12月1日から7日にかけての募集期間が始まり、2021年12月17日にフィリピン証券取引所(PSE)のメイン・ボードに仮上場され、PSE EDGEのウェブサイトに掲載された通知に基づく。

SPNECはSECとフィリピン証券取引所(PSE)のIPO承認後、新規株式公開(IPO)価格をP1に設定した。

特に、SPNECは27億ポンドのIPO規模を、予想レンジの27億ポンドの上限で提供しています。

このIPOによる資金は、SPNECがフェーズ1A、送電線建設、2022年のリース、および一般企業目的と呼ばれる50メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設と開発に利用する予定です。

この提案により調達された資金は、SPNECが東南アジア最大の太陽光発電プロジェクトを開発する計画を支援するために、プロジェクトを500MWを超える規模に拡大するための土地の取得にも使用される予定である。

フィリピン太陽光発電は、2011年にフィリピン証券取引所が承認した再生可能エネルギー(RE)会社の補足上場・開示要件に企業が上場することを承認したのは初めてであると述べた。

PSE規則では、DOE(Department of Energy)が提供する有効かつ既存のサービス契約を含む一定の要件に従い、開発段階のプロジェクト企業がリストアップできるようになっている。

「私たちは、このIPOを承認したPSEとSECに感謝します。このIPOは、国民に地方電化に投資し、フィリピンの地方電化能力を高めるための新たな選択肢を提供することを目的としています。」 さらに、ソーラー・フィリピン・グループ初の公募増資を開始したことに感謝しています。これは、将来のサービス提供にとって好ましいシグナルと思われます」と、ソーラー・フィリピンの創設者であるLeandro Leviste氏は述べた。

PSE社長兼CEOのRamon Monzon氏は、「PSEが資金調達要件を満たす再生可能エネルギー(RE)企業を支援できることを喜ばしく思う。 現在、より多くの企業が気候変動対策プログラムの一環として地方電化に移行するにつれて、地方電化の必要性はますます高まっている」と述べた。

フィリピンは2016年にSPNECを設立し、2017年にNueva Ecijaプロジェクトを開発するためのDOEサービス契約を締結した。

SPNECは2021年末までに建設を開始する予定である。

このプロジェクトは、ルソングリッドの薄い埋蔵量を補完し、今年初めに何百万人ものフィリピン人に影響を及ぼした停電の回避を目的としている。

フィリピンのその他のプロジェクトには、韓国電力公社と協力して63MWを稼働させているバタンガスのプロジェクト、カゾン・グループのPrime Infraと協力して最大200MWまで拡大されているタラックのプロジェクト、2022年までに140MWを稼働させる予定のバタンガスとカビテの2つのプロジェクトがある。

SPNECは、アバカス・キャピタル・アンド・インベストメントと契約しています。 発行マネージャー、主幹事引受会社、インベストメント・キャピタルとして。 このIPOの参加引受業者としてフィリピンの。

出所:https://www.gmanetwork.com/news/money/companies/812956/solar-philippines-unit-begins-offer-period-for-p2-7-b-ipo/story/

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you