カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

フィリピン、カンボジア、協力協定調印

Ph-Cambodia-agreement

カンボジアとフィリピンは、二国間貿易を拡大し、投資量を増加させ、両アジア諸国間の経済関係を更に強化するとのコミットメントを再確認した。

12月2日には、カンボジア商工会議所(CCC)のキス・メン社長とベネディクト・V・ユジュイコ商工会議所のカウンターパートが、貿易、ビジネス、投資協力を強化するために、了解覚書(MoU)を実質的に書き込んだ。

署名は、外務・国際協力大臣プラク・ソフォン氏とフィリピンのテオドロ・L・ロクシン・ジュニア氏が議長を務めたカンボジア・フィリピン二国間協力合同委員会(JCBC)の第3回会合で行われた。

CCCは声明の中で、MoUは「カンボジアとフィリピン共和国との間の経済・ビジネス協力の促進・強化に貢献することを目指している」と述べている。

買収は「情報技術・イノベーション、農業、製造、ビジネス、フランチャイズ、観光、サービス、中小企業開発などの分野に焦点を当てる」としている。

CCCのMengは、MoUがカンボジア・フィリピン間のビジネス・経済パートナーシップと拡大の機会を強化する新たな協力基盤を形成することを「強く確信している」と述べた。

両商工会議所は、定期的な情報交換、貿易・投資ミッションや展示会の開催、セミナーや会議の開催、ビジネスマッチング会合の開催などを行う。

また、フィリピンにフィリピン・カンボジアビジネス協議会、英国にカンボジア・フィリピンビジネス協議会を設置し、今後の投資計画について協議することで合意している。

2月17日、フン・セン首相はフィリピンに対し、カンボジアのコメ部門への投資を呼びかけ、フィリピンが自国に、そして世界に向けてコモディティを輸出することを示唆した。

フィリピン大使によるプノンペンの平和宮でのアメリタ・C・アキノカンボジア大使表敬の際に司会を行いました。

「フィリピンは、精米業者に資金を提供し、水田倉庫を建設し、水田を購入し、フィリピンへ輸出するためのネットワークを構築することでカンボジアに投資することができます」と同氏は述べ、王国は毎年約600万トンの精米を備蓄していると付け加えた。

出所:https://business.inquirer.net/335864/philippines-cambodia-sign-cooperation-agreement

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you