フィリピンのエネルギー部門は、電力会社がフランチャイズ期間満了後も電力を調達できるようにする。

electricity-supply-beyond-franchise-expiration

DOEによると、電力会社は、電力供給契約(PSA)に料金が明記されている限り、フランチャイズ終了後も電力を調達することができる。

「配電事業者(DU)は、競争選定プロセス(CSP)政策の範囲内で取得され、その料金が、このような短期間にもかかわらず、最も経済的で、競争的で、実際的であると結論づけられる限り、そのフランチャイズ期間内にのみ有効なPSAを調達することはできない」と国家電化庁(NEA)は勧告の中で述べた。

8月、NEAはDOEにこの問題の明確化を求めたと書いた。なぜなら、FDAが参考文献の条件(TOR)を見直した結果、ECから提出されたPSAは、フランチャイズ期間を超えた契約期間を有していることが判明したからである。

国営機関は、PSAの契約期間がECの残存フランチャイズ期間に従って作成される場合、契約期間の短縮による電力料金への影響について懸念を表明した。

契約期間が短くなれば、電気料金が高くなるという。

また、NEAは、再生可能ポートフォリオ基準(RPS)のECの実施と遵守、および埋め込み型発電設備の導入に対する懸念を指摘した。これらは「電力コストの低減に大きく寄与する可能性があるため、契約期間を決定する際にも考慮に入れるべきである」。

RPSは、2008年自然エネルギー(RE)法に基づくメカニズムであり、配電事業者(DUs)、電気協同組合(ECs)、小売電気事業者(RES)が、電力所要量の一定割合を自然エネルギー源から供給するように規定されている。

現在、RPSレベルは2022年まで1%に設定されている。

DOEは、NEAへの回答において、CSP方針は「川下ユーザーが電力供給者と協力すべき協力期間の範囲については黙っている」と述べた。

この政策を実施する当事者は、共和国法第9136号または電力産業改革法(EPIRA)および新民法第1306条に基づき、PSAの調達および他の当事者との契約を締結する。

上記に基づき、DOEは、川下ユーザーがフランチャイズ登録を超えた期間でPSAを調達することができると仮定する。 DUがこれに努める場合、PSAおよびTORは、フランチャイズが更新されない場合、移行期間中のPSAの取扱いおよび契約当事者の責任、引き受けたDUとのPSAの譲渡または変更の手続き、ならびに料金への悪影響を回避し、地域における電力供給を維持するためのその他のすべての安全策を、明確かつ明確に含まなければならない」とDOEは述べた。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/12/07/2146152/power-coops-allowed-procure-electricity-supply-beyond-franchise-expiration

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you