カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

フィリピンのコメ自給率は2020年に85%に改善

Ph-rice-self-sufficiency-has-improved

昨年のコメの現地生産は、2019年の自給率79.8%から8年間で最低の85%に達しました。

これは3年連続の減少を経て、米の自給率が上昇した初めてのことです。 このことは、利害関係者がすでにコメ関税法の影響に適応し始めており、農務省(DA)のコメプログラムがプラスの結果をもたらしていることを示している。

しかし、フィリピン統計局(PSA)は「食料の入手可能性と充足度」の報告書の中で、コメの年間1人当たり生産量は、同国の人口増加と主食食に対する需要にはまだ追いついていないと述べている。 2018年のPSAの基準値と比較すると、2020年の同国のコメ生産指数は98.4%(1.6ポイント)で、フィリピン人のコメ需要を満たしていない。

PSAによると、2018年から2020年の間に、コメの生産は年平均0.6%の伸びにとどまった。

このギャップを埋めるために輸入に頼る。 対象期間のコメ輸入量は年間平均245万トンであった。 しかし、コメの輸入依存度は、2019年の20%から2020年には15%に低下した。

DAは今週初め、同国を襲った台風や暴風雨による農業部門の被害と損失にもかかわらず、今年のコメ生産量は2,000万トンに達するだろうと確信していると述べた。

DAの予測では、今年の収穫量が少なくとも1,995万MTに達したことから、今年の収穫量は昨年の記録的な1,940万MTを上回る可能性があることが示された。

2020年には、バナナ、パイナップル、マンゴーなどの主要農産物の生産量が現地の需要量を上回った一方で、カラマンシ、ポメロ、トマト、キャベツ、ナガ、ビターグルド(アンパラヤ)、キャッサバ、サツマイモなどの他の農産物は100%の自給率を記録した。

ニワトリやアヒルの卵も、この時期の需要を満たし、ミルクフィッシュやブラックコイ(ティラピア)も需要を満たした。

昨年フィリピンが大量に輸入した農産品は、コーヒー(73.2%)、ニンニク(92.9%)、ピーナッツ(70%)、ミュンビーン(52.6%)であった。

その他の輸入食料品は牛肉(41.4%)、カラボ牛肉(30.6%)、タマネギ(27.6%)、マグロ(27%)、ジャガイモ(19%)、ラウンドスカド(10.6%)であった。

調査官がインタビューした農家の指導者は、政府が輸入豚肉や魚の輸入を緩和した後、今年は輸入依存度が高まると予想していると述べた。

同国の経済管理者は、食料インフレに対処するために苦戦しており、より安価な商品の流入を可能にするために輸入に転じている。

出所:https://business.inquirer.net/334582/ph-rice-self-sufficiency-improved-to-85-in-2020

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you