カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

フィリピンのコメ輸入は2021年末までに2.6M M MTに急増した。

rice-imports-seen-surging

同国のコメ輸入量は予想を上回る260万メトリックトン(MT)となり、同国は依然として世界最大級のコメ輸入国のひとつとなる。

米国農務省(USDA)外国農業サービス(FAS)の最新報告に基づき、2021年のフィリピンのコメ輸入量は、以前の230万MTの予測から2.6MTに増加すると予想される。

FASによると、これは「ベトナムからの貿易と大規模な購入が急速に進んでいる」ためだという。

ちょうど9月には、フィリピンは約220万MTの輸入しか見込んでおらず、これは以前の210万MTの予測からすでに調整済みの目標であった。

新たな予測の結果、フィリピンは中国とバングラデシュに次ぐ世界有数のコメ輸入国としての地位を維持するであろう。

「今年は、特に9月と10月に輸入が堅調に推移した背景には、様々な要因がある。 FASは、ペントアップ需要とベトナム上位サプライヤーからの遅れた出荷の遅れの履行が、9月と10月の輸入増加の一因となる可能性があると述べた。

さらに、従来のCOVID-19規制による経済の開放は、消費者の需要を押し上げる。 また、小規模な第3四半期作物(7-9月)からの供給が逼迫しているため、総供給量を追加的な輸入で補う必要性が高まっている」と付け加えた。

FASはまた、今年の輸入許可証の発行により、フィリピン政府がいかに自由化されているかを強調し、「昨年と同じ期間に比べて、7月と8月に輸入許可証に含まれる許可数量が2倍以上になった」ことを強調した。

FASは「(フィリピン政府は)10月まで輸入許可証を発行し続けた」と指摘した。

フィリピンのコメ農家は、輸入コメの継続的な参入の中で、農家ゲートパレーの価格が下がる中で、政府からの生産支援を求めている。

10月、農務省(DA)と国立食糧庁(NFA)は、最終収穫シーズンにヤシを収穫している農家を支援するために、直ちにより大容量の機械的穀物乾燥機を提供するよう求められた。

キルサン・マグブキッド・ピリピナス(KMP)は声明の中で、ラ・ニーニャの影響で稲作農家は農産物の乾燥に苦労していると述べた。

「DAとNFAは収穫期の数カ月前に機械式乾燥機をあらかじめ配置しておくべきである。 KMP副委員長のライト・ルマパス氏は「現在、農家は天候に応じて舗装やいわゆるソーラードライヤーで収穫物を乾燥させようと急いでいる」と述べた。

アルヤンサ・マグブキッド・サ・ギトナン・ルソンの指導者でもあるルマパスは、機械式乾燥機を提供する以外に、DAとNFAは機械式乾燥機の操業費用に対して農業者団体と協同組合に補助金を交付しなければならないと述べた。

同様に、機械式乾燥機の提供は農業基本部門の登録システム(RSBSA)への農業者の登録状況に依存すべきではないと述べた。

「乾燥機は、ペーレーおよびトウモロコシ生産村の農家が容易に利用できるものでなければならない。 これにより、NFAが購入するためには、水分含有率14%で乾燥させる必要があるため、作物が容易に乾燥することができました」とLumapas氏は述べた。

出所:https://mb.com.ph/2021/12/11/ph-rice-imports-seen-surging-to-2-6-million-mt-by-end-2021/

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you