フィリピンのデジタルバンク、トニック氏によると、最初の8カ月間の預金は50億ポンドを超えたという。

digital-bank-Tonik

米国初のデジタル・バンク、トニークによると、個人預金は営業開始から8カ月後に50億ポンドを突破した。

ネオバンクは今年3月に設立され、1カ月後に10億ポンドの個人預金を確保している。

デジタル・バンクの特徴の一つは、定期預金の場合、年率6%までの金利である。 また、ソロ・スタッシュやグループ・スタッシュの貯蓄機能も備えており、それぞれ最大4%と4.5%の利子を提供しているという。

同行は最近、フィリピンの中産階級の「銀行を持たず、銀行の預金も少ない巨大な人々にサービスを提供することを目的とした」融資商品を開始した。 同氏によると、融資は15分以内に承認できるという。

TonikのCEO兼創設者であるGreg Krasnov氏は、「われわれは、より多くのフィリピン人に金融包摂を加速させるためにTonikを構築した。フィリピン人は、銀行業務の経験において完全にデジタル化された簡便さと利便性を持つに値する」と述べた。

「お客様からの圧倒的な支持を得て、目標達成に近づいたことに感謝しています」と同氏は付け加えた。

デジタルバンクは今年の休暇に、歓迎ボーナスと紹介プログラムを開始すると発表した。

デジタルバンクは、物理的な支店を持たず、より迅速なKYC(顧客を知る)オンボーディング・プロセスとより安価なコストで金融サービスへのアクセスを容易にするように設計されています。

この種の金融サービスは、Bangko Sentral ng Pilipinasによって監督されている。

これまで、BSPはLand Bank’s OF Bank、UnoBank、UnionBank’s UnionDigital、Gokongwei’s GOTyme、PayMaya’s Maya Bankにデジタルバンクのライセンスを付与しています。

出所:https://news.abs-cbn.com/business/12/09/21/digital-bank-tonik-says-deposits-surpass-p5-b-in-first-8-months

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you