カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

フィリピンの自動車産業は1-10月期に23.8%拡大

Ph-automotive-industry-expands

同国の自動車産業は、2021年上半期の売上高が前年同期比23.8%増加したことから、成長を続けている。

フィリピン自動車製造業者会議所 (株)キャンピー、(社)トラック製造業協会(TMA)は、本年1月から10月までの累計販売台数を21万4,186台としました。

これは2020年の同時期の17万3035台を上回る。

乗用車、商用車ともに、年初来の売上高がそれぞれ29.3%、21.3%増加するなど、回復基調が続いています。

10月の規制緩和とモビリティの緩和により、現地自動車産業の月間販売台数は、9月の21,493台から5.1%増加し、22,581台となりました。

乗用車部門では15.9%増、商用車部門では0.3%増とほぼ横ばいとなりました。

CAMPIのRommel Gutierrez社長は声明の中で、「2021年10月の販売実績に基づくと、自動車業界は引き続き好調で、昨年の全体の業績を確実に上回るだろう」と述べた。

しかしながら、業界売上高は、2020年10月の25,023台から9.8%減少しました。

Gutierrez氏は、「同様に、経済成長見通しの改善に伴い、産業の完全な復興を確保するために、政府と関連問題について議論を続けています」と付け加えた。

輸入業者を含めた業界全体では、年末に29万5,400台の販売を目指している。

今年1-9月の販売台数は43,957台だった。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1159490

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you