フィリピンの資本市場に参入する企業の増加

more-firms-in-Ph

パンデミック後の復興と成長に備えて、より多くの企業が資金を調達することから、投資家は、年内の残りの数カ月間、そしておそらくは2022年初頭までに、より多くの株式売却を期待することができる。

米証券取引委員会(SEC)は、ハウス・トーク(NYSE:HAUS)の新規株式公開(IPO)を承認した。 また、EEI Corp.による優先株式の募集

SECは11月18日の会合で、ハウス・トークのIPO(普通株式25億株)とEEIのIPO(永久優先株式6000万株)を承認した。ただし、一部の条件が満たされていることを条件とする。

Haus Talkは、Madlambayanファミリーが率いる住宅用不動産デベロッパーで、Antipolo CityとLagunaにプロジェクトを展開しています。 同社は2004年の設立以来、約1900戸の住宅を販売しており、2023年までの開発戸数は約2,300戸となっている。

SECに提出された登録届出書によれば、ハウス・トークは1株当たり1.50ペソの上限価格で5億株までの普通株式を公募する。 この株式は、フィリピン証券取引所(PSE)の中小・エマージング・ボードに上場され、売買されます。

この買収により、7億2,370万ポンドを上限とし、土地取得、プロジェクト開発、および一般企業目的に使用される見込みである。

ハウス・トーク、投資・キャピタルを買収 オファーの発行マネージャーおよび引受業者としてのフィリピン。

Yuchengco GroupのメンバーであるEEI Corp.は、4,000万株の無議決権の永久優先株を、2,000万株を上限とする優先株の過剰引受権付きで、P100のオファー価格で提供する。

上場建設会社は、応募超過のオプションが完全に応募された場合、最大59億ポンドを買収提案から控除することができる。 収益は、EEIの将来のプロジェクトの資金調達、既存の短期借入金の支払い、新規設備のための設備投資、および一般的な企業目的および運転資本の要件のために部分的に使用される。

EEIは12月9日から15日まで、12月24日にPSEに上場する予定だ。

同社はRCBCキャピタルを買収した。 SBキャピタル・インベストメント(NYSE:SBキャピタル・インベストメント)と共同で引受・運営を行う唯一の発行マネージャー。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/11/22/2142892/more-firms-tap-capital-market

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you