カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

フィリピンは、製造用電力コストの削減を推進した。

reducing-power-costs-for-manufacturing

フィリピンは、同国への投資を促進するために、製造プロジェクトの電力コストを削減するよう要請されている。経済が大きく歪んでいるため、政府の元チーフ・エコノミストは、サービスセクターが過成長していることを強調した。

Pilipinas Conference 2021では、Raul Fabella博士は、ASEANで最も高く、アジアで2番目に高い同国の製造事業所の電力料金を45%引き下げることができると提案した。

Fabellaは、政府は、発電、送電、配電コストのみを含む製造用電力コストのドイツのモデルに従うべきであると述べた。 同氏は「今日の製造におけるその他の追加製品は、サービス部門に移管される」と述べた。

Fabellaによれば、このモデルは、COP 26協定に従って、製造事業所の電力コストを約45%削減することになる。

彼は、現実に起こっていることは、同国のインセンティブ構造が、過度に広範なサービスセクターをもたらした規制と法の支配と安定性の欠如のために、短期的な投資を優先していることであると強調した。

ファベラは、フィリピンが製造業を同国の経済的ドライバーとみなしていることを示すデータを提示した。 実際、開発途上国のGDPに占める製造付加価値額の割合は、フィリピンとは対照的に、常に非常に急速に上昇している。

例えば、2010年にベトナムの製造業の付加価値はGDPの13%であり、現在17%にまで成長し、サービス業のシェアは42%に達しているが、製造業に有利な形でさらに急速に変化することが予想されている、と同氏は述べた。

比較すると、フィリピンのGDPに占める製造業付加価値額は2010年に23%であったが、2020年には18%にまで減少し、GDPに占めるサービスの付加価値額の割合は現在61%と高い。

先進国であるシンガポールは、OECD加盟国となったため、GDPとサービスに占める製造業の割合は26%、71%となっている。 タイのGDPに占める製造業の付加価値の割合は25%と高く、サービス業の割合は58%、マレーシアの製造業の割合も55%のサービス業に対して22%と高い。 インドネシアのGDPに対する製造業付加価値は、サービス業44%に対して20%である。

「さて、これは、これらの国々で製造業がどのように成り立ってきたかについての見方を与えてくれる」と同氏は述べた。

投資率についても、ファベラは2020年に2010年の47から42%に上昇したことを示している。 ベトナムは2020年に36%、インドネシアは2020年に32%、マレーシアは23%であった。 しかし、フィリピンは、2020年の投資率が2010年の20%から17%に遅れている。

「これは、私たちフィリピン人が未来をほとんど考慮していないか、子どもたちが未来を別の地域で作ることを想像しているか、という非常に興味深い観察結果を反映しています。 法の支配はあまりにも悪いので、長期的な投資はしたくない。なぜなら、こうした投資の成果が見えないからだ」と同氏は述べた。

「したがって、製造業のGDPシェアがGDPの上位層である場合、投資はより急速である。 外国直接投資が多いほど高い。 また、国内で法の支配が厳しくなっている場合にも、より高いことがわかった」と同氏は強調した。

電力コスト削減以外にも、ファベラは、大規模農場への統合を促進し、所有権の上限を25ヘクタールに引き上げ、農業・工業コンビナートでは500ヘクタールに引き上げるために、土地市場法案の緩和を通過させるよう求めた。

また、フィリピン国有土地銀行に対し、農業・工業団地の統合・賃貸の仲介を要請した。

また、投資を加速させる可能性のある低懸垂果実もある。 同氏は、鉱業、鉱業、最新の規制、ガバナンスを投資家に再開するよう促した。

さらに、hはフィリピンの送電網、特に海底ケーブルの改良を呼びかけ、フィリピンの接続性を改善した。

出所:https://mb.com.ph/2021/11/22/ph-urged-to-cut-power-cost-for-manufacturing/

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you