フィリピンは引き続き事業改革の円滑化

business-reforms

世界銀行が「ビジネス・レポート」の廃止を発表したにもかかわらず、フィリピンはビジネスを容易にするための改革を追求する。

Anti-Red Tape Authority (ARTA)は、フィリピンEase of Doing Business (EODB) Reporting System(EODB Reporting System)を立ち上げることにより、同国は世界銀行の「Doing Business Report」の「ローカライズ版

ARTAのアーネスト・ペレス事務局次長は、「世界銀行がこれまで行ってきたことは、同国の競争力ランキングにとって良いことだと信じています」と、木曜日にケゾン市で開催されたEODBサミットで述べた。

Perezは、Philippine EODB Reporting Systemは、事業の開始、建設許可の取り扱い、電気の取得、資産の登録、信用の獲得、少数株主の保護、税金の支払い、国境を越えた取引、契約の強制、破産の解決といった10の指標を含む、世銀の過去の業務報告方法論を採用すると述べた。

「現地でフィリピンの状況に適用する。 フィリピン通信社によれば、10の指標の中から、「ビジネスを始める、電力を得る、建設許可証を取り扱う」など、直ちに必要なものを選ぶことになる。

Perezは、フィリピンEODB報告システムは世界銀行の方法論を段階的に採用するが、最初は上記の3つの指標と国境を越えた取引と不動産の登録を適用する、と付け加えた。

現地化されたEODB調査の範囲は、世界銀行の「ビジネス・レポート」の焦点であるケゾン市以外の他の主要都市圏にも拡大される予定である。

ARTAの高官は、フィリピンは、改革イニシアティブ102件と、世界銀行の「ビジネス・レポート」のデータ修正23件を作成し、本年9月に報告書が中止されたと述べた。

改革件数は、「建設認可への対応」が44件と最も多く、次いで、「国境を越えた事業・取引の開始」が15件、「契約の実施」が10件、「信用供与」が6件、「不動産の登記」が5件、「電気の取得」が4件、「税金の支払い」が2件、「少数株主の保護に関する改革」が1件となっている。

一方、23件のデータ修正は、建設許可、電気の取得、少数株主の保護、支払不能の解決、財産の登録に関するものであった。

世界銀行が来年「ドーイング・ビジネス・レポート」を追求すれば、フィリピンの改革とデータ修正は、第60位から第70位に飛躍的に進展し、2020年の報告書では、フィリピンは2019年の第124位から第95位に29ノッチ上昇した。

「投資家は、その国に投資するか否かの決定において、我々の競争力の順位を見ている。 投資家は、投資を保護し、いったん入ってくると、投資の収益が確保されることを望んでいるからである。 Perez氏は、より多くの雇用機会を生み出し、米国全体の開発を改善し、もちろんインクルーシブな成長をもたらす健全なビジネス環境を提供したいと述べた。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1162264

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you