カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

フィリピンはASEANで2番目に急成長している自動車市場

2nd-fastest-growing-vehicle-market

フィリピンは、東南アジアにおける自動車生産・販売市場で2番目に急成長した市場としての地位を維持し、10月までの10カ月間で2桁の上昇を記録しました。

東南アジア諸国連合(ASEAN)自動車連盟(AAF)のデータは、1月から10月の間にフィリピンの工場で合計71,758台の自動車が組み立てられ、前年同期の54,894台を30.7%上回った。

近隣諸国と比較すると、フィリピンの自動車生産の伸びはインドネシアに次いで2番目に速く、10月末時点で62.4%の伸びを記録した。

この間に自動車生産の伸びを示した他のASEAN諸国は、タイ(22.9%)、ベトナム(5.3%)である。

一方、自動車生産台数が少ない国はミャンマー(-88%)、マレーシア(-1.4%)である。

10月末のASEANにおける自動車生産台数は283万台で、前年の222万台から27.3%増加した。

自動車販売では、フィリピンが1-10月期に21万4,186台を販売し、前年同期の17万3,035台から23.8%増加し、域内第2位となった。

また、この地域の自動車販売台数は、インドネシアが67%と最も高い伸びを示した。

また、自動車販売台数が増加した地域は、シンガポール(12.2%)、ベトナム(3%)である。

一方、自動車販売台数が減少したのは、タイ(-2.1%)、マレーシア(-4.8%)、ミャンマー(-49%)である。

ASEANにおける自動車販売台数は、前年の188万台から1~10月には217万台に15.7%増加した。

オートバイ・スクーター生産では、フィリピンのAAFデータが72万7,778台(同51.8%増)と、前年同期の47万9,496台を上回り、最も高い伸びを示しました。

タイは二輪車生産量が11.2%増加した一方、マレーシアは1.3%減少した。

ASEANで生産された二輪車は、前年の214万台から18%増加し253万台となりました。

フィリピンの二輪車販売台数は、前年同期の941,260台から23.5%増の116万台となり、最も急速な伸びを示しました。

2位のシンガポールでは、バイク販売が13.2%増加、タイでは3.5%増加、マレーシアでは2.9%減少した。

ASEANの二輪車販売台数は、前年同期の261万台から9.8%増の287万台となりました。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/12/01/2144838/philippines-2nd-fastest-growing-vehicle-market-asean

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you