フィリピン中央銀行が記録的な低金利を「数四半期」維持

BSP-to-keep-record-low-rates

バンコ・セントラル・ピリピナスは、パンデミックからの景気回復を停滞させないために、金融政策を「さらに数四半期」緩和させ続ける。

BSPのベンジャミン・ディオクノ知事は、料金引き上げに関しては中央銀行は「忍耐強く」、パンデミックの経済的攻撃に対処するには「万能な」アプローチは存在しないと述べた。

「各国が異なる。 私は過去に多くの危機を見たことがある。 どこにいても快適だ。 たとえば、 Diokno氏は、巨額の国際準備があり、外国為替が安定的に流入している、と述べた。

BSPは、昨年11月に終わった積極的な緩和エピソードに乗り出し、政策金利は過去最低の2%まで低下しました。 急速な火災発生率の引き下げは、銀行の準備預金の追加的な引き下げと相まって、パンデミックによる消費に飢えた経済の信用成長を刺激することを意図したものであった。

アジアでは、今年8月に家計債務の引き上げと住宅価格の回復を目指して、韓国は政策金利を引き下げた初めての国であった。

BSPの懸念は、現時点で利上げがあれば、景気回復が軌道から外れる可能性があるということである。 ディオクノCEOは、BSPの前回の景気緩和エピソードは、銀行貸出が8カ月連続で縮小し、8月にはプラスの領域に戻った最近になって初めて「感じられた」と述べた。

赤字のインフレが他の中央銀行に金融引き締め圧力をかけている一方で、ディオクノ氏は、BSPの対外ポジションが資本流出に十分耐えられる強さを持っているため、BSPは時間をかけることができると述べた。

「過去に、危機が起こったときには、対外債務を返済するためのドルが使い尽くされたことを覚えている。 現在のところ、対外債務は以前ほど巨額ではない。 実際、BSPの上司は、我々のGIR(Gross International Reserve)は、フィリピンの対外債務よりもはるかに高く、我々の債務は長期および中期的であると考えている」と述べた。

「われわれはすでに配備されていることに自信を持っている。 現在、どこまで展開しているかを見極めつつあります。 これは当面は十分である。 追加的な金銭的措置は必要ない」と付け加えた。

BSPの強力な金融委員会は木曜日に会合を開き、現在の金融政策の設定を見直す予定である。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/11/16/2141719/bsp-keep-record-low-rates-untouched-a-few-more-quarters

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you