カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

フィリピン中央銀行は11月のインフレ率が3.3%から4.1%上昇するとみている。

November-inflation

Bangko Sentral Pilipinas (BSP)によると、全国のコモディティ価格の上昇率は11月に3.3%から4.1%の範囲内であると予測されている。

BSPのベンジャミン・ディオクノ知事は、記者団に対するメッセージの中で、同月のインフレ圧力の主な原因は、食肉、魚、果物、野菜の価格上昇に伴い、電力価格や液化石油ガス価格が上昇したことだと述べた。

「これらは、国内の石油価格の下落やペソの高騰によって一部相殺される可能性がある」と述べた。

直近の予測では、10月のインフレ率4.6%からさらに減速し、1-10月期の平均は4.5%となった。

先週開催された外国商工会議所向けの経済説明会で、ディオクノ氏は、今年通年のインフレ率は政府の目標値である2-4%を上回る可能性があると述べた。

「しかし、この(インフレ率)は、2022年から2023年には目標値に戻ると予想される」と同氏は述べた。 「われわれは、第2ラウンドの影響やインフレ期待に影響を与える可能性のあることに引き続き警戒する」と述べた。

BSPは今月初め、10月時点のインフレ率は、2021年10月までインフレ率が目標レンジを上回ったままであるとするFDAの予測と一致していると発表した。

その後、消費者物価指数は今月目標の範囲内に収まり、さらに下落し、向こう2年間で3%に近づくと予想された。

出所:https://business.inquirer.net/335206/bsp-sees-november-inflation-rising-3-3-4-1

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you