カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

フィリピン人は銀行口座よりも電子財布を好む—ムーディーズ

e-wallets-instead-of-bank-accounts

ムーディーズ・インベスターズ・サービシズによると、フィリピンの金融技術(フィンテック)企業は、デジタル・サービスの開発が遅れているフィリピンの銀行を脅かし続けているという。

債券ウォッチャーによると、フィリピンのモバイル・ウォレットの普及率は銀行口座の普及率を上回っており、成人1,000人当たりのデビット・カードの数は2015年以降22%減少している。

「フィリピンの銀行によるデジタル・サービスの開発が遅れているため、成長の見通しは弱まっている」とMoody’sは述べた。

フィリピンは、人口構成が良好であり、小売融資の伸びと社会的安定を支える事業環境が整っていることから、労働年齢人口の増加から恩恵を受け続けるとの見方を示した。

「フィリピンでも、これらの要因の組み合わせは同様に有望であるが、同国の銀行はデジタル・サービスの開発が遅れており、フィンテック企業の成長がリテール分野における銀行の地位を脅かす余地が残されている」と付け加えた。

インドとインドネシアは世界第2位、第4位の人口を抱える国であり、今後20年間でそれぞれ17%、14%の人員増加が見込まれると指摘した。

これは、インドとインドネシアにおける銀行の収益性の向上に有利な背景を提供するものと考えられる。

「新興国市場の大半では、銀行は労働年齢人口の拡大から引き続き恩恵を受けるだろう。 しかし、これらの国々の人口動態は、銀行にとって自身のリスクをもたらしている」とMoody’sは言う。

一方、少数ながらも増加している新興市場では、人口の高齢化により、人口動態の変化の影響を緩和する要因はあるものの、銀行の成長と収益性の改善は困難になるとMoodyは述べている。

Bangko Sentral Ping Pilipinas (BSP)は、「電子決済変革ロードマップ」に基づき、小売取引全体の50%を電子チャネルに転換し、2023年までに銀行口座を持つフィリピン人成人の数を70%に増やすことを約束している。

昨年8月19日、BSPのベンジャミン・ディオクノ総裁は、金融委員会がデジタル・バンク設立の窓口を閉鎖し、ライセンス数を7件に制限することを承認したと発表しました。

このモラトリアムにより、規制当局は、銀行システムに対するデジタルバンクのパフォーマンスと影響、および金融包摂アジェンダへのデジタルバンクの貢献度を監視することができる。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/12/12/2147326/pinoys-prefer-e-wallets-more-bank-accounts-moodys

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you