フィリピン市場では、住宅需要が引き続き堅調に推移します。

residential-properties-demand-in-Ph

世界的な不動産業者によると、フィリピンの高所得市場では、パンデミック時に買い手が次の家を探し続けているため、住宅用不動産の需要は依然として堅調に推移しているという。

Santos Knight Frankは、「Global Buyer Survey 2021: The Philippine Edition」と題する最新報告書の中で、新築およびセカンドハウスの需要が続く中、低密度環境や室内空気質、緑地などの健康関連機能が、今や買い手にとって重要な考慮事項となっていると述べた。

フィリピンの調査では、現地の回答者の半数が40~60歳で、83%が同市に住んでいる。

調査結果によると、地元回答者の49%が、パンデミックが始まってから次の自宅の予算に変化はないと回答している。 また、郊外(40%)への関心も高まっている。一方、市は依然として地元の購入者の33%に理想的である。

全体として、これらの知見は、住宅に対する需要は依然として残っているが、パンデミックを踏まえて進化し続けていることを示唆している。

サントス・ナイト・フランクの住宅サービス担当副責任者、マリー・ビラヌーバ氏は声明の中で、「パンデミックは買い手の健康、幸福、快適さ、安全に対する懸念を増幅させた。 このことは、新築または中古住宅の購入意向の変化に明らかに反映されている」と述べた。

パンデミックからの回復が今後数カ月にわたって続くにつれ、住宅を取得したい買い手は、今日の値引きの中で、早急に判断を下す必要があると同氏は述べた。

「われわれの調査によると、所有者の39%が、調査開始から12カ月間に不動産の価値が1%から9%増加すると予想している。これは、市場の信頼が高まっていることを反映している」と同氏は指摘した。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1160491

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you