マニラ・ウォーター、サウジアラビアと7年間の水契約を締結

Manila-Water-partners-with-Saudi-Arabia

マニラウォーター フランスの水道会社サウル・グループとサウジアラビアのミアホナ社は、サウジアラビア王国で7年間の水道契約を結んでいます。

フィリピン証券取引所への開示で、マニラウォーターは、このコンソーシアムがサウジアラビア王国の東部クラスターの管理・運営・保守契約(MOMC)に署名したと述べた。

東部クラスターの人口は527万人で、1日当たり約18億リットルの水の需要がある。 これには、ダマム、アルホフ、アルジュバイル、アルコバル、アルカティフ、ハファーアルバティンの各都市が含まれる。

2020年12月、マニラウォーターはサウジアラビアでの最初のプロジェクトに入札した。 同会議は、北西クラスターの上下水道システムの改善イニシアティブを管理し、実施するための7年間の契約に署名した。

このクラスターは、サウジアラビアの「ビジョン2030」と「国家水戦略」のもとに設立された6つの地域クラスターのひとつで、給水サービスの再構築と民間セクターの参加を促しています。

マニラ・ウォーターは、ノースウエストと東部のクラスターを獲得したことで、同社とそのパートナーは、同じ経営契約を長期的な譲歩に転換した場合、強力な競争力を持つことになると述べた。

マニラウォーターのジョコット・デ・ディオス社長兼CEOは、マニラウォーターは24年間の経験とノウハウを水分野に持ち込んで、マニラ首都圏東部とリザル州の既存のコンセッションエリアと人口と需要がほぼ同程度の地域で、水と廃水の必要量に革新的な解決策を提供すると述べました。

マニラウォーターはコンソーシアムに30%の権益を持っています。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/11/24/2143328/manila-water-partners-sign-saudi-arabia-water-contract

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you