カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

メガワールドが第3四半期に46%増益

Megaworld's-profit-increased

アンドリュー・タン主導の不動産開発会社であるメガワールドは、7-9月期の純利益は33億ポンドと、前年同期の22億ポンドから46%増加した。景気が順調に回復したことが背景にある。

メガワールド・チーフ・ストラテジー・オフィサーのケビン・タン氏は、COVID情勢の改善に伴い、マニラ首都圏および近隣地域の警戒レベルが緩和されたため、回復の勢いが高まっていると述べた。

「景気回復の勢いが持ち直し始めており、特にマニラ首都圏での警戒レベルの低下が年末まで続くことを期待しています。 安全に外出でき、普通の生活を楽しむ人が増えれば増えるほど、企業にとっても経済全体にとっても、より良いものになります」とタン氏は言う。

親会社株主に帰属する当期純利益は57%増の32億ポンドとなった。

また、当期純利益も前年同期の81億ポンドから6%増の86億ポンド、親会社株主に帰属する当期純利益は同10%増の82億ポンドとなった。

7-9月期の連結売上高は前年同期の96億ポンドから50%増の145億ポンドとなった。 この結果、9カ月の売上高は369億ポンドとなり、前年同期の334億ポンドから10%増加しました。

7-9月期の不動産売上高は、建設事業の拡大を反映し、前年同期比102%増の96億ポンドとなり、回復を牽引しました。

当四半期の留保売上高は、前年同期比35%増の171億ポンドとなりました。

また、1月から9月にかけての不動産売却も21%増の231億ポンドとなった。

メガワールド・ホテルズ & リゾートも好調で、7-9月期の売上高は前年同期比121%増の5億5200万ポンドとなりました。 9カ月の売上高は9%増の13億ポンド

オフィス事業は、メガワールド・プレミア・オフィスを通じ、前年同期比7%増の29億ポンドとほぼ横ばいとなりました。

また、オフィス賃貸収入も81億ポンドとほぼ横ばいとなった。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/11/11/2140364/megaworld-profit-46-q3

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you