カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

ルソン北部に糸生産拠点を設置

yarn-production-center

イロイロの糸生産・イノベーションセンターの成功を受けて、政府は今後4年間にさらに4カ所のこのようなセンターを設立するという目標に沿って、ルソン島北部に新設する準備を進めている。

科学技術省(DOST)のフォーチュネート・デ・ラ・ペニャ長官は、2022年までに北ルソンの人々に機会を提供する別の地域糸生産・イノベーションセンター(RYPIC)があると述べた。

ド・ラ・ペニャ氏は、RYPICは、同地域のイノベーションと成長を促進するために同省が設立した施設の1つであると述べた。

「これはPTRI(フィリピン繊維研究所)が採用したアプローチであり、天然繊維を使用した糸の供給におけるギャップを埋めるためにDOSTの支援を受けている」と同氏は述べた。 「現地のイノベーションを可能にし、フィリピン人同士が自国産の技術や製品を支持するよう奨励するために、われわれには多くのことがある」と述べた。

RYPICは、繊維部門の地域イノベーション・エコシステムを飛躍的に立ち上げることを目指しており、ファッション業界、アカデミー、政府機関において、地元の原料、技能、才能を活用した糸や織物に関する零細・中小企業(MSME)の要件に応えることを目指していると、デラ・ペニャ氏は述べた。

また、コミュニティと生産者を結集し、すべての利害関係者により高い経済的利益をもたらす製品の創出に向けた協力を促進することも期待されると述べた。

RYPICは、糸の生産とは別に、この地域における繊維の研究開発活動を促進するイノベーション・ハブとしての役割も果たし、その結果、全国のコミュニティを織り込む経済活動に火をつけることになるだろう。

「今では、RYPICがイロイロだけでなく、デジタル技術の助けを借りて、イロイロだけでなく、国内のさまざまな地域で糸の革新をどのように形作り始めているかを見ています。それによって、製品がどこにいようとも誰にも知られ、手に入るようになりました」と同氏は付け加えた。

フィリピン初のRYPICであるイロイロにマイクロスケールの糸紡績施設を設立した後、DOSTは、フィリピンの国立繊維革新地図によれば、北ルソン、南ミンダナオ、西ビサヤ、および南ルソンに、2025年まで、さらに4つのRYPICを設立することを目指している。

この施設は、イロイロ科学技術大学(ISAT U)の美ag-aoキャンパスを通して主催されています。

DOST-4地域ディレクターのRowen Gelongaは、RYPICを技術、ビジネスモデル、社会的な「ゲーム・チェンジャー」と見なした。

「私たちは、このプロジェクトをここに持っていて、織物部門の活性化のためにこのプロジェクトを利用していることに興味を持っています。 繊維をはじめとする繊維製品の付加価値を大きく高めていきます。 ここでの付加価値は、より良い、より包括的なサプライチェーンのために、私たちが期待する経済的または金銭的な利益に限定されるものではありません。 同じように重要なのは、イロイロ織物業界の最盛期と同様に、RYPICが製織企業やコミュニティに与える社会的・文化的付加価値です」と同氏は述べた。

「まもなく、私たちの農家は、織り手や職人と一緒に、フィリピンだけでなく世界中の人々が着る製品を誇らしく作ることになるでしょう」と彼は付け加えた。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1161791

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you