世界銀行、フィリピンの成長予測を上方修正

World-Bank-on-Ph-growth

世界銀行は今年、フィリピンの経済見通しを5.3%に引き上げ、9月の4.3%を上回った。

世界銀行は、3月下旬から8月上旬にかけて最も厳しいコミュニティ検疫が再度実施されたにもかかわらず、2021年の第3四半期に経済成長が見られたことを受けて、成長を上方修正しました。

ブルネイ、マレーシア、フィリピン、タイのNdiame Diopの世界銀行国別担当局長は、バーチャル・ブリーフィング・火曜日に、「移動制限は時間外労働であり、経済活動への影響は少ない」と語った。

ディオップ氏によると、フィリピン経済は2020年の同時期の10.1%減から4.9%増となった。

2022年と2023年の世界銀行の見通しは5.8%と高い。

さらに、今後2年間の経済成長は、消費、インフラ支出、ワクチン接種、ビジネスの復活によって牽引されるだろうと付け加えた。

しかし、ディオップ氏は、今後の新たな感染の波が、依然として経済成長の重要なリスクであると指摘した。

さらに、ワクチン接種率が高い国でさえ、2019年のコロナウイルス病の新型株(Covid-19)のために依然として急増しているが、ワクチン接種はこのウイルスによる症例の重症度と死亡率を管理している。

世界銀行のシニアエコノミスト、ケビン・チュアは、同国の成長力を維持するために政府に政策提言を行った。

「主要な政策は、長期的な財政の持続可能性を守り、復興に民間セクターを活用し、パンデミックからの経済的瘢痕を制限することを目的としなければなりません」とChua氏は述べた。

世界銀行の政策提言の中には、漸進的な財政健全化計画、市場競争の促進と規制の緩和、デジタル化の活用、時宜を得た、的を絞った社会的保護プログラムなどが含まれています。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1162105

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you