カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

日本企業がフィリピンの経済見通しに投資するよう要請

Japanese-firms-to-invest-in-Ph

カルロス・ドミンゲス3世財務長官は、日本の投資家に先駆けて、強固な財政状態とデュターテ政権のゲームを変えるイニシアチブに支えられたフィリピンの「明るい経済見通し」を紹介し、同国のパンデミック後の「新しい、より良い」復興への移行に参加するよう促した。

同氏は、「フィリピンは、新たな、より良い通常に向けた準備が整っている以上に、インフラ開発、製造、デジタル技術、再生可能エネルギー(RE)、研究開発(R&D)の分野で日本とのビジネスパートナーシップを強化することができる」と強調した。

「私たちは難しいエピソードを経験し、私たちの制度が、国民の安全と繁栄を維持するのに十分な強さを持っていることを証明しました。 我々は、よりインクルーシブな経済に向けて安定的な回復を確保するための確固たる基盤を築いてきた。 Dominguez氏は、水曜日のバーチャル・フィリピン経済ブリーフィング(PEB)で、日本の政府要人やビジネスリーダーが出席した際に、こう述べた。

同氏は、フィリピンのビジネス環境におけるこうした「ゲーム・チェンジャー」には、フィリピンの官僚組織を横断した迅速なデジタル化プログラム、法人所得税(CIT)改革法のタイムリーな可決、国のIDシステムの確立、ビジネスの容易性をさらに向上させるための措置、ロドリゴ・デュターテ大統領の署名プログラム「Build, Build, Build;」の下での同国のインフラの持続的な近代化、気候変動の影響に適応し、緩和するための政府の野心的な計画などがあると述べた。

また、フィリピンのODA(政府開発援助)の最大の提供国であることに加え、日本は、マニラ首都圏地下鉄など、26件の大型プロジェクトを対象とした「建設、建設、建設」プログラムを強力に支援していると述べた。

また、日本はフィリピンの最大の輸出市場でもあると述べた。

「これらすべての事実は、日本が我々の開発ストーリーの貴重なパートナーとなったことを示しています。 私たちは、日本が引き続き米国の経済復興に重要な役割を果たすと楽観的です」と述べた。

ドミンゲス氏は、7-9月期の経済成長率は7.1%となり、FDIの急増、健全な財政状態、財政規律の継続により、最終四半期の国内総生産(GDP)の改善につながると予想していると述べた。

「景気の先行きが明るくなったことから、10-12月期には、引き続きモビリティ規制が緩和され、より良い結果が期待できる」と同氏は付け加えた。

Dominguezは、日本の投資家を「(フィリピンの)ゲームを変える事業に関与させる」ことに関し、政府がデジタル経済へ移行するための措置を挙げた。例えば、主要な歳入生成機関が電子的チャネルを利用して回収目標を超過させること、証券取引委員会(SEC)や財務局(BTr)が開始したような広範で包括的な資本市場を開発するためにオンライン取引が移行することなどである。

さらに、ドミンゲス氏は、フィリピンは人口構成上の「スイートスポット」を最大限に活用すると述べた。同国の若くて有能な人口とは、世界中の経済で起きている変化に迅速に適応するための労働力を意味する。

彼は、起業家に対し、他の持続可能な慣行を循環経済に移行させることによって、これらのビジネスに優しい措置の影響を最大化するよう促した。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1160837

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you