カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

東南アジアのインターネット経済は2030年までに1兆ドルに達すると予測されている

SEA-internet-economy

東南アジアのインターネット経済は、2030年までに1兆ドルに達すると予測されている。これは、数千万人の人々がオンライン・ショッピングを利用し、食料配送を受け入れるようになるためである、と業界報告書は水曜日(11月10日)に発表した。

アルファベットのグーグル、シンガポール州の投資家、テマセック・ホールディングス、グローバル・ビジネス・コンサルタント、ベイン・アンド・カンパニーによると、この地域はコロナウイルスのパンデミックが始まって以来、新たに6,000万人のインターネット・ユーザーを増やし、4億4,000万人に達したという。

11カ国のこの地域は、若年人口、スマートフォンの急速な普及、都市化、中産階級の増加などにより、世界で最も急速に成長しているインターネット市場のひとつである。

東南アジアのオンライン産業は、2021年末までに推定1,740億ドルの総商品数量(GMV)から2025年までに3,600億ドルに、そして2030年までに1兆ドルに成長すると予想されている。これは、主に電子商取引と食料配送の成長に牽引されており、消費者はインターネットに行き詰まっている。

インドネシア、タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシア、フィリピンを対象としたこの報告書によると、電子商取引のGMVは年末までにほぼ倍増して1,200億ドルに達し、2025年までに2,340億ドルに達すると予想されている。

すべての国が2021年に2桁の成長を遂げ、インドネシアだけでもこの地域で最も人口の多い国であり、東南アジアのGMV総額700億ドルの40%を占めています。

フィリピンは93%の成長を遂げ、170億ドルのデジタル経済に成長した。

「GMV(東南アジア向け)は前年同期比で49%増加した。COVIDによって消費者や生態系の地震動が加速し、デジタル化が急速に進んでいるためだ」と、バインのアジア太平洋デジタル・プラクティス担当ヘッド、フロリアン・ホッペ氏は述べた。

出所:https://business.inquirer.net/334162/southeast-asia-internet-economy-to-hit-1-trillion-by-2030-report-says

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you