東南アジア最大のソーラープラント建設を計画している若手フィリピン人起業家

SEA's-biggest-solar-plant-plan

Bloombergによると、28歳のフィリピン人起業家であるLeandro Leviste氏は、東南アジア最大規模の太陽光発電施設を建設する計画である。同発電所はマニラから約80マイル北の500メガワットの発電所である。

「フィリピンは、従来の発電源の価格が高いことから、再生可能エネルギーへの移行のための刺激的な場所である」とLeviste氏はBloomberg氏に語った。 「太陽光発電は、電力価格が低い国よりも、この地域で主流となる可能性がある」と述べた。

Levisteは、同社の子会社であるSolar Filippines Nueva Ecija Corporationの株式を売却することで、プロジェクトのために5,400万ドルを調達することを目指している。 建設すれば、同国の太陽光発電容量を50%拡大し、約80万世帯に電力を供給することができる。

レビスティは、フィリピン人の著名な家族、母親は下院副議長、父親はバタンガス州知事である。 Levisteは2013年にソーラー・フィリピンを設立し、テスラ株とソラーシティ株を売却した。彼はイェール大学の学生時代に購入したとBloombergは報告した。

フィリピンは現在、電力を化石燃料に大きく依存しており、電力の約半分は石炭から、約4分の1は天然ガスから供給されている。 天然ガスの気温上昇と国内埋蔵量が低くなる中、同国は化石燃料からの撤退を迫られている。

フィリピンは、2030年までに電力の少なくとも35%を自然エネルギーから、2040年までに50%以上を自然エネルギーから得ることを目標としている。 その一環として、アジア開発銀行は、フィリピンが今後10~15年間で石炭船隊の半数を退役させることを支援する計画に参加している。

BNEFのアナリスト、カロリン・チュア氏は「過去10年間にどれだけの石炭を建設したかで、目標からさらに遠ざかっている」とBloomberg氏に語った。 彼らがそれに真剣に取り組むのであれば、多くの自然エネルギーを建設する必要がある」と述べた。

出所:https://e360.yale.edu/digest/young-filipino-entrepreneur-looks-to-build-southeast-asias-biggest-solar-plant

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you