カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

東芝のフィリピンでの事業拡大

Toshiba-in-Ph

東芝グループは、フィリピンの輸出産業に貢献するために、フィリピンでの事業拡大に取り組んでいる、と同社幹部は語った。

フィリピン統計局(PSA)によれば、東芝のラグナテクノパークとカルメレ工業団地の3つの製造施設は、2021年前半のフィリピンの全電子機器輸出額の6.6%を占めていた。

東芝情報機器(フィリピン)有限公司、フィリピンの東芝戦略データストレージ製造拠点、東芝エレクトロニクス・デバイス・アンド・ストレージ(株) フィリピン経済圏庁(PEZA)より「Billionaires Award」を3年連続受賞しました。

「3年連続でこの賞を受賞しました。 1996年の操業開始以来、地域社会のエンパワーメントと11,000人を超える従業員を擁するとともに、サプライチェーンにおける直接・間接雇用の創出にも貢献しています。 東芝情報機器(フィリピン)社長兼代表取締役社長の伊藤順氏は、今年で25周年を迎え、近線HDDシリーズを中心とした事業の拡大とフィリピン経済への貢献を目指します。

同社は、パソコン用HDD、ゲーム機・カーナビゲーション用HDD、サーバー用HDD、データセンタ用HDD、サーバー用HDD、監視カメラシステム、パソコン用ソリッドステートドライブ、サーバ用アプリケーションなど、HDDやデータ記憶装置を製造している。

パンデミックが発生したにもかかわらず、同社は製造業務を継続するとともに、厳格な職場対策を実施することで、従業員や取引先の安全衛生を支援した。

昨年の売上高は22億ドルだった。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/12/09/2146605/toshiba-expand-business-philippines

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you