カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

米国、フィリピンの環境保全基金8億ポンドを発表

enivronmental-conservation-fund

米国国際開発庁(USAID)は、フィリピンにおける市民社会団体(CSO)の環境プログラムを直接支援する8億PHPの5年間のグラント・ファシリティを発表し、フィリピンの生物多様性保全への支援を拡大しています。

新たな「持続可能性への投資と包摂的成長と再生生態系のためのパートナーシップ」(INSPIRE)プロジェクトの下、米国の資金はフィリピンの野生生物保護、天然資源管理、地域気候行動を促進するCSOを支援する。

また、主要な天然資源ガバナンス問題を扱うメディア組織を支援し、地域コミュニティによる天然資源管理の改善と気候変動の影響の緩和を支援する。

USAIDフィリピン代表団長代理のSean Callahan氏は金曜日、「より良いガバナンスと公共部門のパートナーのためのアドボケートとして、市民社会は環境保護と気候変動への対処において重要な役割を果たしている」と述べた。

「INSPIREプロジェクトを通じて、USAIDは、フィリピンの豊かな生物多様性を保全し、気候変動の影響を緩和するためのフィリピンの取り組みを支援し、環境が、これらの天然資源に依存して所得を得ている多くのフィリピン人に恩恵をもたらし続けることを喜ばしく思っています」と付け加えた。

マニラの米国大使館は、USAIDはフィリピン政府及びその他の関係者と緊密に協力し、新プログラムを実施すると述べた。

USAIDはこれまでに、同国の生物多様性の保全と景観・海域の保護を支援するために1億5,700万米ドル以上を拠出している。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1161024

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you