英国シンクタンク:個人消費がPH景気回復を後押し

UK-on-Ph-economy

パンデミック前の経済成長の約4分の1を占める堅調な個人消費は、フィリピンの回復を後押ししている。しかし、近隣諸国のほとんどと比較すると、フィリピンのワクチン接種率は相対的に低いまま、さらなる再開のリスクが最も高かった、と英国のシンクタンクPantheon Macroeconomics社は月曜日(12月13日)に語った。

Pantheon MacroeconomicsのアジアシニアエコノミストMiguel Chancoは報告書の中で、「フィリピンの家計支出の追い上げは軌道に乗っているようだ」と述べ、先週政府が報告した10月の純売上高指数の前年同月比1.4%の増加を指摘した。

10月は「COVID-19の拡散を管理するために、政府が9月中旬に措置をとったことから、それほど厳しくない細かいロックダウンシステムを導入した最初の恩恵を受けた」としたが、これまで政府は、より広い地域を対象に包括的なロックダウンを実施し、より多くの雇用を削減し、より多くの経済部門を閉鎖してきた。

同社の10月の売上高はパンデミック以前の水準のわずか92%に過ぎなかったため、首相は「追いつき成長の余地は依然として大きい」と述べた。

「安心できることに、モビリティデータはその後急速に改善し続けており、小売やレクリエーションへの旅行は、グーグルのデータセットの2020年1-2月のベースライン(12月の第1週目)を上回っています」と首相は述べた。

しかし、首相は、フィリピンの消費者の多くは依然としてリスク回避的であり、例えば、必須と非必須の往来の間には43%の往来ギャップがあり、これは、フィリピンの買い物客が外出を最小限に抑えるために必要不可欠なアイテムに焦点を当てたままであることを意味している、と述べた。 このリスク回避度は、インドに次いでアジアで2番目に高く、インドネシアやタイでの不必要な旅行にも消費者が増えている、と同氏は述べた。

2021年10-12月期は個人消費の回復が恩恵をもたらすが、2022年は別の話かもしれないと首相は述べた。

Pantheon Macroeconomics社は、第4四半期の国内総生産(GDP)成長率を、予想を上回る前年同期比7.1%の伸びと一致させると予測していた。

同首相は、「2021年1-3月期については、人為的ではないにしてもCOVID-19管理の進展が脆弱であると思われるため、追いついた成長とは言えない」と述べ、検査の減少に加え、地域では遅れている集団接種プログラムを指摘した。

「表面的には、フィリピンのワクチン接種の動きは、キャンペーン開始から約9カ月間、人口の約36%が二重に打撃を受けた。 しかし、少なくとも1発の銃撃を受けたことがある国は49%に過ぎず、インドネシアを下回る水準となった。

「せいぜい、1回のワクチン接種から部分的に保護されている人口の割合が比較的低いのは、できるだけ多くの弱い立場に置かれた集団にできるだけ早くワクチン接種を受けさせるという公的な政策上の優先事項を反映しているにすぎない」と同氏は述べた。

「しかし、社会経済的な不平等が深く、私的に調達・管理されたジャブが何カ月も利用可能な国では、確実に知ることは難しい。 だから、ワクチンの不平等が広範な予防策に大きな障害となっている最悪のシナリオを割り引くことはできない」と首相は述べた。

パンセオン・マクロ経済学は、通年のGDP成長率を来年の4.5%に鈍化させると予測していた。これは、今年の5.5%から2022年には7%から9%に低下させるという政府の目標をはるかに下回っている。

出所:https://business.inquirer.net/336563/uk-think-tank-consumer-spending-helps-boost-ph-economic-recovery-but-vaxx-rate-still-slow

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you