カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

韓国のビジネスマン、観光客が平常時からフィリピンに戻る予定

businessmen-and-tourists-to-go-back-to-Ph

韓国の韓国商工会議所(KCCP)のホーイク・リー会長は火曜日、韓国からのビジネスマンや観光客が新しい平常時にフィリピンに戻ると予想されることを確認した。

「しかし、ワクチンが手に入ると、ビジネスは正常に戻り、(そして)経済はすぐに回復するだろう。そして、パンデミック後に備える時期だ。 Lee氏はバーチャル投資フォーラムで、(フィリピンは)新しい通常経済に備える必要がある、と述べた。

李明博大統領は、韓国からの就労ビザ取得者約88,000人と共に、コロナウイルス病2019(Covid-19)の流行以降、フィリピンには約22,000人から24,000人が残されていると語った。

「多くの韓国企業や観光客が再びフィリピンに戻るだろう」と付け加えた。

しかし、KCCP幹部は、韓国の投資家を引きつけるために、外国資本に対する規制を緩和する法案を可決するよう政府に要請した。

これらの法案には、小売貿易自由化法、外国投資法、公務員法が含まれる。

「私が韓国の投資家にフィリピンのイメージを話すと、大半の投資家が、この国のイメージは60~40の国だと言いました。 「すべては60-40です」とLeeは言った。

李明博大統領は、60-40年の自国所有規則に関連しており、外国人はここでの事業の40%までしか所有することが認められていない。

「しかし、シンガポール、インドネシア、ベトナム、タイなど他の国々について考えてみると、これには限界はありません」と同氏は付け加えた。

他方、外国企業は、フィリピン経済区庁(PEZA)のような経済区域に投資する限り、100%の所有権を持つことが認められている。

PEZAのCharito Plaza長官は、エコゾーンに立地することで、投資家が低コストで高品質の電力供給を受けることができるようになると述べた。これは日常業務において重要なことである。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1160641

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you