米中の少なくとも2社のハイパースケール企業が今年フィリピンに進出すると、米貿易産業省のセフェリノ・ロドルフォ次官は9月1日に語った。

Rodolfoは、フィリピンをアジア太平洋地域のハイパースケーラーの戦略的ハブとして宣伝するバーチャルなイベントで、「これは新しい産業であるため、探索的なものから先進的なものまで幅広い関心があります…今年中には、少なくとも2人のハイパースケーラー投資家が来る可能性があります」と語った。

さらに、これらの企業は、同国のデータプライバシー法の枠組みと同様に、主要なドライバーとして同国のグリーンエネルギー部門の研究を進めていると付け加えた。

これら2つの企業を除けば、多くのハイパースケーラーは、国内のインフラ整備に目を向けています。

ハイパースケーラーはスケーラブルなデータストレージサービスを提供する企業である。 これらの企業の例としては、Alibaba Cloud、Amazon、Facebook、Google、Microsoftなどがある。

DTIのRamon Lopez事務局長は、フィリピンは、世界中のソーシャルメディアとインターネット利用のトップに位置するハイパースケーラーの主要拠点であると述べた。

2021年のデジタル・レポートのデータを引用すると、フィリピンにおける電子商取引の導入率は、2020年の76%から2021年には80.2%に増加した。 また、同国には8,900万人のソーシャルメディア利用者がいる。

Frost & Sullivanのデータを引用したLopezによると、フィリピンは今後3~5年間のデータセンターの供給が高い成長率を示し、平均24%の成長率を示した国のひとつである。

「フィリピンのデジタル景観は、ハイパースケーラーにとって理想的な環境となっています」と同氏は付け加えた。

同様に、エネルギー省(DOE)のイエス・クリスティノ・ポサダ次官は、政府は同国の再生可能エネルギーを増やす政策を推進していると述べた。

2009年から2020年の間に、およそ2,213億5,000万ポンドの自然エネルギープロジェクトが設置され、総容量23億3,900万ワットのクリーンエネルギーが追加されたと同氏は述べた。

Posadasは、自然エネルギーの容量構成比は29%であると述べた。

Posadasによると、2021年5月現在、DOEは928件の自然エネルギー契約を獲得しており、30ギガワットの電力が追加される見込みである。

出所:https://www.pna.gov.ph/articles/1152298