カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | IT

3億ポンドの日本資金による灌漑が完了

Japan-funded-irrigation

日本政府はイロコス・ノルテに3億ポンド相当の灌漑システムを2台供与し、同州の農業生産性の向上が期待されている。

国営灌漑セクター修復・改善プロジェクト(NISRIP)の下で、ソルソナとマドンガン川灌漑システムが完成した。

62億円(28億ポンド)のNISRIPは、全国11の河川灌漑システムを修復することを目標としている。 このうち、ソルソナ、マドンガンなど8つの河川灌漑システムが完成しました。

最新のサブプロジェクト2件(総額3億ポンド)は、ソルソナダムとマドンガンダムの復興を対象としたものである。

どちらのシステムも、イロコスノルテ州のソルソナ、ディングラス、マルコスの各自治体の3,300ヘクタール以上の農地に、時宜を得た信頼できる灌漑サービスを提供する。

3つの自治体の約8,000人の農民がこのプロジェクトの恩恵を受けている。

また、灌漑者団体連合会は、灌漑者団体のための8つの事務所ビル、及び両サブプロジェクトのための13の複合事務所及び支援施設を建設することにより、灌漑者団体連合会を強化する。

これらは、農業機械を含む重要な農業支援によって補完される。

これらはいずれも、イロコス・ノルテの農業コミュニティにおいて、農産物の収量と生産性の向上、農業所得の加速、および成長の実現に寄与すると見られている。

日本政府は、農業生産性を向上させ、食料資源を強化するための基本的なツールとして灌漑の重要性を提唱してきました。

出所:https://www.philstar.com/business/2021/12/05/2145731/p300-million-japan-funded-irrigation-completed

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you