世界の女性企業トップ10に入るフィリピン企業4社

4-Philippine-firms-among-World’s-top-10-women-led-companies

米国のCorporate Women Directors International(CWDI)によれば、フィリピンの4社は、女性CEOを中心とし、女性執行役員の割合が最も高い世界の上位10社に入った。

これらはSSIグループ(80%)、Victorias Milling Co.である。 (60%)フィルインベストメント・グループとゴコンウェイを中心とするロビンソンズ・リテール・ホールディングス またはRRHI(両方とも50%)。

タントコスの上場高級車会社であるSSIグループは、ゼネイダ・タントコが会長兼CEOを務め、ビクトリアス・ミリングはミニー・チュアが社長兼CEOを務めている。

Filinvestコングロマリットは、メルセデス・ゴティアン氏が共同設立したもので、メルセデス・ゴティアン氏はフィリピン初の女性ユニバーサル・バンク・プレジデントを兼任している。一方、彼女の唯一の娘であるジョセフィン・ゴティアンヤップ氏は現在、Filinvest Land社の社長兼CEOを務めている。 不動産開発部門(FLI)

RRHIは、Robina Gokongweiが社長兼CEOを務めています。 彼女はゴコンウェイビジネス帝国を創立した、故ジョン・ゴコンウェイの長女である。

CWDIはワシントンに本拠を置く非営利団体で、55カ国の約3,000社の企業を対象に調査を行い、指導的役割を担う女性に関するベースラインデータを作成した。

2021年の報告書「Women CEO: Opening Doors to Boards and C-Suites」の中で、CWDIは、女性が主導するグローバル企業の上位10社をランク付けし、取締役会における女性の割合が最も高かった。

報告書で調査した55カ国の上場企業のうち、女性CEOを持つ企業は2994社中143社に過ぎない。

「このわずかな数字は、世界最大の経済国では、これらの企業のわずか4.8%を占めるにすぎない。 世界的に最も影響力のある企業におけるトップリーダーシップの役割は、依然として男性の領域である」と報告書は述べている。

FLIは声明で、新たに上場した不動産投資信託会社、フィルインベスト・リート(NYSE:FIL)の会長兼最高経営責任者(CEO)のマリセル・ブリオン・リリオ氏(5人の女性と4人の男性)も兼任していることを明らかにした。

いずれにせよ、ジェンダーの平等は、フィルインベスト・グループ全体に共通する分母でもある。

持株会社のFilinvest Development Corp. 女性は55%、FLIでは60%が女性であり、フィル・アラバン社に71%出資している。

「フィリピンは、この地域の『男女平等』国のひとつとして知られており、不動産セクターでもこのことは明白です。不動産セクターでは、長年、女性幹部が景観の定義に重要な役割を果たしてきました」とBrion-Lirio氏は言う。

CWDIのネイビダード氏は、数十件の調査で、女性を中心とした企業が企業の収益にプラスの影響を与え、労働者、顧客、株主にとっても優れていることはよく知られているが、CEOに女性を多く配置していない企業が依然として多いと述べた。

「明らかに、企業は、将来の成長を達成するために、女性企業リーダーのパイプラインのスピードアップに積極的にコミットする必要があります」とネイビダード氏は述べた。

また、CWDIの報告書では、CEOが女性である企業の方が、CEOが男性である企業の23.3%に対し、女性である企業の方が、取締役の割合が多く、34.1%となっていること、また、CEOが女性である企業の方が、CEOに就任した後、女性取締役の割合が増加していることが明らかにされている。

写真提供:https://www.philstar.com/business/2021/10/27/2136886/4-philippine-companies-among-worlds-top-10-women-led-firms

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you