パンデミックが長引くなか、フィリピンの不動産投資信託(REIT)第4号の上場は、同国の堅調な回復に投資家が楽観的であることを裏付けるものだと、政府の主任経済担当者は述べた。

火曜日のフィリピン証券取引所(PSE)での上場式典で。 9月 14歳のカルロス・G・ドミンゲス財務長官は、ロビンソンズ・ランド・コマーシャル・リート(RCR)の上場は、所得を生み出す不動産の繁栄を可能にする政府の努力の結果だと述べた。

Dominguez氏は、「4番目のRCRは、これまで株式市場で時価総額、ポートフォリオ評価、資産規模の面で上場されている最大の企業であり、これらはすべて「目覚ましいポートフォリオと不動産開発者としての英ポンドの記録」を反映している」と述べた。

RCRの上場は、以前のAyala Land Inc.の公募に準じている。 DoubleDragon Properties Corp.のREIT(AREIT)、DD Meridian Park REIT(DDMP REIT Inc.) (株)DDPC、(株)フィルインベスト・リート Filinvest Land Inc.の(FILREIT)

「この公募は、フィリピン経済がパンデミックによってもたらされた困難から順調に回復しつつあるという確信のもう1つの投票である」とドミンゲス氏はRCRのPSEへのリストにあらかじめ記録されたメッセージの中で述べた。

「われわれが、国民のためのワクチン接種プログラムの開始を早急に追跡し、国内企業への支援を深め、国内で高価値の投資が繁栄するためのステージを設定するにつれて、急速で力強い景気回復の見通しはさらに明確になる」と同氏は述べた。

Dominguez氏は、「REITの上場が好調だったことは、安全で収益性の高い投資市場の渇望を強調しています」と述べた。

また、REITは同国の不動産開発を活用する強力な手段であることも確認しています。 何よりも、REITが誘致した投資は、投資家の経済に対する楽観的な見方を裏付けるものです」と同氏は付け加えた。

Dominguezは、Robinsons LandがRCRの土地リースを99年間延長したことにより、これまでフィリピンのREITの中で最長の土地リース期間となり、投資に長期的な持続可能性と予測可能性がもたらされたと指摘しました。

ドミンゲスは、フィリピン経済の強さに対するロビンソンズ・ランドの信頼に感謝した。

同氏は、不動産セクターの資本を効率的に調達するだけでなく、フィリピンが今後期待する経済成長の一部であり、そこから利益を得られる機会をREITは開放していると述べました。

ドミンゲス氏は、平均的なフィリピン人がREITに投資できるようにすることは、「よりインクルーシブな経済の構築に向けた金融システムの基盤の拡大に貢献する」と述べた。

出所:https://mb.com.ph/2021/09/14/reit-listings-a-vote-of-confidence-in-ph-recovery-dominguez/