カテゴリを閲覧する:

仕事 | 特集記事 | It

8月には、海外企業からの借入により、より長期の資金がフィリピンに流入

overseas-firms-enter-Ph

8月には、海外企業の現地法人への融資を中心に、8か月分の海外直接投資(FDI)をさらにプラスに押し上げる長期資金がフィリピンに流入したと、中央銀行は水曜日(11月10日)に語った。

バンコ・セントラル・ピリピナス(BSP)は声明で、2021年8月のFDI純流入額は前年同期の6億7,700万ドルから8億1,200万ドルに19.8%増加したと発表した。

この開発により、2021年の最初の8カ月間のFDI純流入額は64億ドルとなり、2020年の46億ドルの純流入額を39.7%上回った。

FDI純流入額の累計は、非居住者による債務証書への純投資が26億ドルから45億ドルに71.6%増加したことを背景に増加した。

同様に、利益の再投資も前年の6億9,900万ドルから11.0%増加して7億7,600万ドルとなった。

しかしながら、非居住者の持分資本に対する純投資は、利益の再投資を除いて、2020年の12億ドルから12.2%減少し、11億ドルとなった。

出資金の純投資額は、募集額が15億ドルから8.2%減少して14億ドルとなり、引き出し額は2億4,300万ドルから12.1%増加して2億7,200万ドルとなった。

出資は主にシンガポール、日本、米国からのものである。 これらは主に製造業、金融・保険業、電気・ガス・蒸気・空調業、不動産業に充当された。

2021年8月のFDI純流入の拡大は、非居住者による債務証書への純投資が牽引し、2020年8月の4億6,100万ドルから6億3,600万ドルに前年比38%増加した。

利益の再投資は1億3200万ドルから9900万ドルに24.7%減少した。 同様に、非居住者の資本に対する純投資は、2020年8月の8,500万ドルから9.7%減少し、7,700万ドルとなった。

これは、資本の引き出しが増加したことによるものである(51.2%増の5,000万ドル、3,300万ドル)。これは、株式の発行が7.3%増の1億1,800万ドルから1億2,600万ドルに増加したことを相殺した。

エクイティ・キャピタル・プレースメントは、主に日本、オランダ、米国からのものであった。 主に製造業、情報通信業、不動産業を対象としている。

出所:https://business.inquirer.net/334164/fdi-up-in-august-as-firms-get-loans-from-parent-companies

Chat with Easy Cloud Systems

Typically replies within a few hours

Hi! How can we help you